2017-08-10(Thu)

消化器の検査と、血糖測定器の購入

今週は、消化器・栄養注入について経過をみるということで、検査入院をしていました。


娘のあおいは、今年1月(2歳6か月)に、胃ろうオペをしたものの、胃の働きが悪く、栄養の大半をEDチューブ(経腸栄養チューブ)から注入していました。


その後、5月下旬から本格的に胃への注入を試せるような状態になり、6月下旬に完全に胃ろう注入へと移行……


ところがその後、再び胃腸の働きが悪化したのか、進みが悪くなり、胃への注入が中止となりました。




そして、今回の入院で、再び造影検査をして、胃の働きを見ることになったのですが…


以前検査したとき(胃腸の働きが悪化したとき)よりも、胃の動きがよさそうとのことでした。

(以前は、胃底部から全く動かなかったが、今回は少しずつ下に動いていたとのこと。)



ちなみに、話がそれますが、胃底部って、ずっと胃の底の部分だと思っていたのですが…

胃底部って

↑こんなに上の方だったんですね…!
先生が「身体を縦にしても胃底部から(造影剤が)動かないんです。」と不思議そうに仰っていたけど、ホントなんなんでしょう…。



造影検査後、しばらく中止していた胃の注入を少量ずつ、再開することができたのですが、胃残もひけず、消化の具合はまずまずよさそうな感じでした。



「一体どうして消化がよくなったのか。」「前に悪くなったときの原因はなんだったのか。」については、結局分からずのまま…。

あおいは元々消化器の働きがかなり悪く、調子にもムラがあるようなので、EDチューブを上手く併用しながら、もう少し長い目でゆっくりみていきたいと思いました。


(次にオペを検討するとしても、なんとなく、就学前ギリギリのタイミングくらいがいいのかなあ、と思っています…。)




そして…
前回、胃腸の働きが悪くなったときには低血糖が起こっていることが明らかになり、悩みに悩んだ挙句、血糖測定器を購入することになりました。


血糖測定器0810



一般的に、60mg/dlを下回ると低血糖だそうで、この値が30や20を下回ると、意識障害や痙攣がでることもあるらしく、なかなかに怖い症状のようです。


在宅医の先生から、しばらくの間お守りに、血糖測定値器をレンタルさせてもらって、「あおいの様子が少し変だと思ったら計る」ことにしたのですが…


約3週間の間に、3回、低血糖が起こっていたときがありました。
(うち1回は34とかなり低い数字。)

低血糖の数値があらわれたときは、いずれも、昼寝がいつもより長く、起きないのを不審に思って計ったときだったのですが、酸素や脈拍にはまったく異常はなく、冷や汗や顔色の変化など、目に見えてわかる症状もなく、わかりにくい…。



またあおいの場合、てんかん発作もあるといわれているので、それとの区別がつかないことも判断に困ると思い、悩みました。



●てんかんのとき…体温が低めのときが多い、ボーっとしている、目の前の手を掴むように促しても掴まない、吸引が少なめか。→対処はダイアップ(神経を鎮める坐薬)を入れる。

●低血糖のとき…体温が低めのときが多い、頻脈になったことがあるがそうとも限らない、ボーっとしているが目の前の手は掴む?、吸引が多めか。→対処はブドウ糖をとかして胃に入れる。




そこで、今後も胃腸の働きが悪くなったことで、本人の容態に変化があったと思われるときに、対処できるように、測定器を購入することになったのですが…


ベリオビューメーカーさん画像0810

↑購入したものは、ワンタッチベリオビュー(ジョンソン・エンド・ジョンソンさんから画像お借りしました。)amazonにて5,300円。測定器にはかなり種類があるようで、機械が得意な?パパに相談して選んでもらいました。



このセットには、測定器本体・血液をとるために針を刺す器具・部品の針 の3つがセットになっているのですが、肝心のセンサー部分(1回ごとにつけかえるもの)がついていません。



このセンサー部分はネットで購入できず、薬局屋さんから買わなければなりませんでした。
そして値段は、30個で4,200円…!(1個あたり140円。)


糖尿病の方の場合、センサが支給の対象になるともおききしたのですが、あおいの場合、「消化器悪化の症状として低血糖が出てくることがある」というものなので、自費になりました。


確かに、毎日使うわけではないので、消費はスロー…というか、使う場面はなるべく出てほしくないですね…。


操作を覚えるために、測定器を試しに使ってみたのですが…

とても使いやすかったです…!


センサ部分0810 - コピー

↑本体に差し込んでいるのがセンサーなのですが、線が入っているような部分に血液を付着させます。


病院や在宅の先生にお借りしたテルモのものよりも、採取する血液の量が少なくてよいそうで、試しに自分の指を刺して思ったことですが、穿刺するときの痛みがより少ないのかな、と個人的には思いました。



あおいの消化器はアップダウンが激しく、多分、それに伴い、吸引の数も増えたり、減ったり…。
悪いときには、血糖値が下がる可能性があることが前回、はじめて分かりました。


胃への注入が進んでいるときの方が総じて体調は良さそうなので、様子をみつつ、調子の悪いサインはなるべく早めにみつけて、本人の一番負担の少ない状態で、過ごせるようにしていけたらな、と思っています。



にほんブログ村
↑記事を読んでくださってありがとうございます☆にほんブログ村の障害児育児ランキングに参加しています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

消化器の検査と、血糖測定器の購入

検査入院お疲れ。

ちー姉さんへ☆

ありがとうございます☆
おうちが一番落ち着きますね。
プロフィール

マカロニ

Author:マカロニ
原因不明の脳性麻痺の娘・あおいについて綴るブログです。喉頭気管分離オペ・胃ろうオペを受けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
愛読しているブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR