2017-08-18(Fri)

医療物品など購入先・価格メモ

病院などで、娘と同じく医療ケアの必要なお母さんとお会いすると、ついつい始まってしまうのが、医療物品に関するトーク……。


(これはナニ?/これは使いやすい?/これはもらえた?/1個いくらだった?…などなど)


私には同じ市内に、知り合いのお母さんがいないのですが、地域によって支給されるものや数が違ったりするようですし、診断される病名や障害の区分、年齢など色々な条件で受けられる補助も違うようで、その差に驚くこともしばしば…。


今のところ、消耗品に関しては、私の家庭では、在宅の先生と訪問薬剤師さんを通じて、必要なものがおおよそ支給されていて、そこから補われないものに関しては購入しているという感じです。


医療物品やケア用品…あまり詳しくないのですが、これまで買ったことのあるものを、ざっと並べてみました。(けっこう買っているな…)



※購入先については、訪問薬剤師さんや病院の売店で買えるものもあり、その方が地域に還元していて良いような気もするのですが、ネットの方が圧倒的に安く、ついつい利用してしまっています。


※1個当たりの価格は送料が省かれています。(Amazonは2,000円以上で、メリケアは7,000円以上で送料が無料になります。)


********


【消耗品など】

●吸引カテーテル

吸引チューブ0809

トップ吸引カテーテル(太さ・8Fr)
ひと箱50本入り

支給されている物品ですが、外出用に使うと不足するなどして、たまに買っております。

購入先:メリケア楽天市場店 1330円

【※7,000円以上買うと送料無料なので、要るものはここでまとめて買う。1本あたり:約27円】



●アルコール綿

自宅では、支給された消毒液とカット綿で消毒していますが、外出用のときのために購入。

アルコール綿0809

白十字 ワンショットプラスP EL-Ⅱ 100枚入り

購入先:Amazon  647円 【1枚あたり約6.5円】



●シリンジ

支給されていますが、過去に消耗が激しかったときがあり、不足して、一度買ったことがあります。

シリンジ箱0809


30ml 25本入り 2500円 【1本あたり100円】
(50mlだと 20本入り 2500円で少し高いようです。)

購入先:メリケア楽天市場店



●コーケンカニューレホルダー(カニューレバンド)

カニューレを固定するためのバンド。

カニューレバンド購入0809

小児用 5本入り 3,675円【1本あたり735円】
購入先:メリケア楽天市場店




●エラストポアテープ

経管栄養チューブを頬に固定するためのテープ。

エラスっとポア0809


なぜか支給物品の対象外なので購入。
エラストポアハダ 25mm幅 5m巻き 12巻入り

購入先:Amazon 4450円 【1個あたり約370円】



●リモイスコートハンディ

肌荒れがひどいときに付けられる化粧水液シート。(20枚入り)

リモイスコートハンディ0809

購入先:Amazon 2430円 【1枚あたり約122円】




●プレスネット

人工鼻が外れにくいようにつけるネットを任意で使用。 (紹介記事)

プレスネット外箱0809

プレスネット 1.5号
購入先:Amazon 864円 【大体娘の首の長さに合わせてカットすると、1回分70円くらい】




●口腔ケア綿棒

訓練のために任意で使っていたもの。(最近は使っていない…)

口腔ケア綿棒0809


川本産業 マウスピュア口腔ケア綿棒(50本入り)
購入先:Amazon 1166円 【1本あたり約23円】



●口腔ケアマッサージ用手袋

訓練のために任意で使っているもの。

口腔ケア用手袋0809

プラスチック手袋エコヴェール100枚入り 
購入先:メリケア楽天市場店 280円 【1枚あたり:2.8円】





【買い切り品】



●ネブライザー
イノスパイアミニ コンプレッサーネブライザ

ネブライザ0809


フィリップスさんのもの

※コンセントでつながないと使えないので持ち運びは不可
定価21000円 13000円くらいで楽天で買える


●吸引機(パワースマイルキュート) 2台目以降は100%自費

吸引機加工0809

購入先:Amazon 価格:15800円



●足踏み式吸引機(KFS-400)

非常用として、自費で購入。電源なしの足踏み動作で使用できる吸引機。 (紹介記事)

足踏み式吸引機10809


購入先:Amazon 価格:11300円



●吸引機につけるジョイント部分(シリコンオリーブ管みえーる)


柔らかいジョイント0809


購入先:(在宅の先生から買ってしまったが)Amazonにて1,770円 



●血糖測定器

消化状態が悪化した時に低血糖が起こることがあるので購入。

血糖測定器0809


本体はAmazonにて5300円にて購入。付属センサは薬局屋さんから30個入り4200円で購入。(1個当たり140円)



【注入物で購入しているもの】


●ブイクレス


栄養素・セレンの欠乏のために注入物として追加。自費で購入。

ブイクレス0809


30本入りのひと箱を購入。
購入先:Amazon 4050円 【1本あたり:135円】



●アバンド
アミノ酸・カルシウムを含む粉の栄養剤。(セレンの吸収がよくなるとのことで奨められる。)

アバンド0816


購入先:薬局屋さん 【1日2回分でひと月960円負担。1食あたり約16円】




【以下、レンタルしているもの】※費用はかかっていません

●注入用ポンプ

☆以前は…アプリックススマート


アプリックススマート0809

とても使いやすかったです。
ベビーカーに取り付けも可能。


☆現在は…アミカ

アミカ0809


アプリックススマートとほぼ同じ性能ですが、画面などがみやすい。最近こちらの機械に切り替わりました。


●酸素モニタ

酸素モニタレンタル0809

ネルコアを使わせてもらっています。



●酸素のボトル


酸素ボトル0809

※2リットルのものを2本置かせてもらっています。



●酸素濃縮器

酸素製造機0809

上記ボトルのバックアップとしてレンタルされています。




********

ECサイトは価格が変わることもあると思うのですが……自分のメモとして購入先を書いてしまいました。
他にも購入したものが増えることがあれば、追記するかもしれません。

色々要るもの多いですなあ。



にほんブログ村
スポンサーサイト
2017-05-29(Mon)

EDチューブの修復裏ワザ&抜去の反省いろいろ

胃チューブと異なり、十二指腸まで入っているEDチューブは、一度抜けると病院まで行って入れ替えてもらわなければならないシロモノ……

それゆえに、抜去されないよう常時工夫し、定期交換などはせず、使えるだけの期間は使うというルールになっていますが、3~4か月も経つと、チューブの方が破損してくることもしばしば…。


チューブ漏れ0528

↑破損するのはいつも決まって、チューブの入り口付近。
アロンアルファで固めて暫くもつこともあるのですが、それでも漏れ出してくることも…。



ERに行くと、一応、チューブをテープで巻いて固定してくださったり、破損した部分を切断してジョイントになる管のようなものをテープでとめてくださったり……色々と対応してくださるのですが、これだけのために、病院に行くのも、結構な負担になってしまいます。

そこで、私が実践しているのが、以前、長期入院していたときにお世話になった先生から、教えていただいた、“チューブを修復する裏ワザ”です。


↓図に書くと、このような感じで、“破損したEDチューブを斜めに切断し、そこからワンサイズ細い胃チューブをコネクトしてとめる”というものです。(当初教えていただいた方法では、ナナメに切るのは胃チューブの方だったかもしれないが、私は下図の方法でうまくつなげられています…)

EDチューブ修復の図0528


娘のあおいの場合、EDチューブは7Fr(フレンチ)という太さなので、その1つ小さい太さの、6Frの胃チューブを使用しています。(在宅の先生からこのときのための緊急用として、胃チューブを、1個180円で購入しています。)


アロンアルファ0528

↑使用するアロンアルファは、速攻多用途のもの。



この方法を教えてくださった先生ご自身は……

「アロンアルファを使うと、チューブの内側まで接着剤がしみ込んで、チューブが狭くなり、通りが悪くなることもあるので、まずはテープで修復した方がよい。」

と仰っていましたが、不器用な私はテープ修復に失敗してしまうので、いつもアロンアルファのお世話になっています。(そしてなぜか通りが悪くなったことは今のところありません。)



EDチューブアロンアルファ塗布0528

↑こんな感じで塗るだけ。

このとき、手元にドライヤーを置いておくと、塗ったそばから一気に温風で乾かせます。


完成するとこのような感じで、胃チューブとドッキングしたようなかたちになります。

EDチューブ修復後0528②


この裏ワザのおかげで、チューブが破損しても、カンタンに自宅で修復できるようになりました☆



**********



EDチューブに関しては、“詰まる”というトラブルもあります。

在宅ケアがはじまってからは、注入終了後に小まめに水を流しているおかげか、汚れてはくるものの、深刻な詰まりとは無縁でいられています。

詰まりの予防策としては、“薄めたお酢を流すとよい”ときいたことがあり、以前、10倍の水で薄めたお酢を流したことがありました。

そういえば、先日胃ろうチューブを洗浄するのにあたっても、洗剤のような感覚で試しにお酢を使ってみたところ、みるみるキレイになったので、“お酢のちから”はなかなか侮れないようです。



**********************


そして、EDチューブのトラブルの中で、最も気落ちしてしまうのは、やはりチューブが抜けてしまうこと…。


振り返ってみると、“あおい自身が引っ張って抜けた”ときよりも、“テープが鼻水で濡れていて気付かないうちにずれていた”とか、“抱っこするときになにかに巻き込まれて引っ張られてしまった”とか、管理者側の凡ミスともいえるケースが多いような気もします。


以前、訪問看護師さんから、看護講習会の参考のためと、“チューブが抜けたときのお母さんの心情はどのようなものですか?”と訊かれたことがありました。

「お母さんは落ち着いてらっしゃるかしら?」なんてお声がけくださいましたが、とんでもない…!

いつもチューブが抜けたときは、心中「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」と叫びながら、大金ぜんぶギャンブルで擦ったあと、目の前に死神があらわれて、これからバトルロワイヤルに参加しろといわれた藤原竜也ばりの狼狽っぷりで、ERに向かっています。


EDチューブが抜けると、レントゲンをとらなければならないのも、造影剤を飲んで痛い思いをして入れ替えてもらわなければならないのも、すべて娘本人。

「どうして私がもっときちんと見ておかなかったんだろう」と、娘に対して申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

他の人にみてもらっている間に抜けてしまったときにも、「仕方ない」と思いつつ、やはり後ろ暗い気持ちになってしまうのは確かで、やはり、EDチューブは管理にストレスを伴うものだなあ、とつくづく感じます。



************

先日も実は“チューブがずれる”というトラブルがあったのですが、その際には、在宅の先生が、みたこともない機械で、チューブの位置を確認してくださり、ERにレントゲンを撮りにいかずに済みました。

まさに、“妊婦検診の際に、お腹にジェルを塗って、エコーで確認する”というような不思議な機械で、みためにはすごく軽量にみえたのですが、高額な医療機器だと仰ってました。(どこからかお借りしたみたい?でした。)


「こんないいものがあるなら、ERに行かなくていいわねえ。」
「これが病院にもあればレントゲンをとらなくてすむなあ。」


と思いましたが、「確かな画像から短時間で判断する」ことを求められるERでは使えないのかもなあ、とも思いました。


「医療機器の貸し出しをして下さっているような業者さんが1個持っていて、それを同じ地域に住むEDチューブ使用の家庭が、トラブルのときだけシェアする」…とかできないかな…って、また無茶なないものねだりをしてみる…。
(経管栄養のお子さんの中でも、EDチューブ使用のお子さんはかなりマイノリティだから、シェアできるような人がまずいないかな…。)


EDチューブってやっぱり管理が面倒だなあ、胃ろうへの移行をもう少し進められないかなあ…と色々迷いが尽きない今日この頃です。




にほんブログ村
↑記事を読んでくださってありがとうございます☆にほんブログ村の障害児育児ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。




2017-05-27(Sat)

経管栄養チューブのとめ方いろいろ

娘のあおいは、重度の嚥下障害のため、生まれて間もなくから今までずっと、経管栄養チューブのお世話になっています。

今回は、我が家で実践しているテープのとめ方など…について書いてみたいと思います。

まず、いつも使用しているテープは…

エラストポアという、やや粘度の高いテープです。

エラストポアテープ0526

色が白だけでなく、肌色のものがあり、あおいは顔に肌色のテープをつけています。(肌色だと目立たなくてイイです。白い方は最近だと、胃ろう部分の固定に使っていました。)



あおいは大変鼻水が多く、すぐにテープがヨレヨレになってしまうので、大量にテープをカットしたものを、小箱の中にいつもストックしています。

テープストック0526


テープの部位としては、長方形のようなサイズのもの1個と、さらにそれを補強する、小さめのものが1個。

テープ貼り方0526


また寝る前には、チューブをおでこの中央…顔の上側に貼るようにしています。


寝る前テープ張り替え0526

こうすると、ヨダレ・鼻水が寝ている間に垂れても、テープが濡れることなく、チューブを安全に保守できます。



肌荒れも、テープをつけているときの悩みのひとつです。

我が家では、あおいの肌荒れがひどいときには、 “リモイスコート”という、保護膜形成剤を使用しています。(このアイテム、以前入院していた病院で教えていただきました。)

リモイスコートハンディ0526


これを、テープを貼る前に、頬に塗っておくと、うすーい膜のようなものができて、バリアになってくれる…というものです。うるおいを与える化粧水効果もあるらしい…。

でも20枚で2,300円なので、結構な割高なんですよね…。スプレータイプのものもあり、そちらの方がやや割安なのですが、あおいが暴れて目に入るのが怖かったので、こちらのシートタイプのものを購入しています。




あおいは胃ろうオペ後も、その消化機能の低さゆえ、EDチューブという経腸栄養チューブをまだ併用しているのですが、このチューブは、抜けたら、即病院へGOというやっかいなシロモノ…。

以前、在宅クリニックの看護師さんから、“抜けにくいとめ方がある”と教えていただいたことがありました。

↓こーんな手作りの図解をわざわざ作って持ってきてくださいました☆

特殊テープ貼り方0526


この“抜けにくいとめ方”だと、使用するテープは3種類。

↓まず、①の、帯状のものに切れ込みが入ったものを用意し、その短い方の先端から、くるくると、チューブに巻き付けていきます。

特殊なテープ固定法10526

特殊なテープの固定法0526②

↓そして長い方を、お鼻にピシっとくっ付け、

特殊なテープの固定法④0526

↓あとは、メインの長方形サイズのテープと、補強する小さいテープをとめます。

特殊なテープの固定法6 0526


この方法だと、確かに、しっかりとまって、安定感がスゴくあります。

ただ、あおいが物凄く鼻水が多いので、鼻につけた部分が早々グショグショになり、かゆがってしまうこと…あと張り替えに掛かる時間が長いので、張り替え回数の多い我が家の場合だと、負担が多く、長時間のお出かけのときなど、限られたときにしか実践しておりません。




テープに絵を書くのもひとつの楽しみですよね。
…といいつつ、私は不器用で絵が下手なので、あまり可愛いテープを用意してあげられませんでした。

以前、長期入院していた頃、白いテープに“おそ松さん”の絵を書いて遊んでいたら……

↓十四松が書いてある…
十四松のテープ0526

それをご覧になった看護師さんが、「私も好きなんです!」といっぱい、おそ松さんの絵を書いてくださったことがありました☆

↓一松かわいい♡

一松のテープ0526



ちなみにパパはすごく絵が上手で、小さなテープの中に、ベジータやら、悟空やら色々書いてくれたことがありました。(写真がのこっていなかったのが残念…)


最近は、肌色のテープばかり使用しているし、なによりテープを1日に20枚くらい消費してしまうこともあるので、なかなか絵もかけていないけど、こういうのも楽しいものですね。


にほんブログ村
↑記事を読んでくださってありがとうございます☆にほんブログ村の障害児育児ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。



2017-05-17(Wed)

ポロポロ落ちる人工鼻、なんとかしたい

分離オペを受けている娘のあおいは、喉にカニューレと人工鼻をつけています。

人工鼻は、空気を通すフィルター・マスクのようなもので、喉の乾燥防止・感染症予防などのためにも、常時つけていなければならないのですが、あおいが動くたびに、ポロッと落ちてしまうことが度々です。

まだ場所が家だと、拾ってすぐに付けるだけでいいのですが、保育施設で誰かにみていただいている間だと、この動作が手間になってしまいますし、病院などに行く際は、衛生的にも外れることはあまりよくありません。

落ちないように、なにか良い方法はないかなあ…とこれまで、ゴム紐を人工鼻のプラスチック部分にテープでとめて、ネックレスみたいに首につけられないか、試したりしてみたのですが…。

人工鼻ゴム紐付け0516

↑あおいがゴム紐をビョーンと引っ張ってしまって紐がとれて直ぐにダメにしてしまったりして、あまり上手く使えていませんでした。


(ちなみにつけているカラーのテープは100均のマスキングテープです。)

人工鼻マスキングテープ0516



人工鼻がポロポロ外れるの、もしかしてうちの娘だけかしら?
(保育でも病院でも、同じような方、お見掛けしたことない…。)

首がまだ短いし、アゴが基本開きっぱなしだから、当たって落ちてしまうのかな…。

そんな中、在宅の先生から、“プレスネット”というものがあるので、探してみてください、とのアドバイス。

プレスネット外箱

↑ひと箱約870円。25メートル分入っています。太さ(幅)のサイズが各種あり、娘の人工鼻の縦幅を測って、1.5号というサイズのものを購入。(1.5号サイズで幅が1cmです。ヤヤコシイ。)


プレスネット…。もともとは伸縮用ネット包帯のようです。

これをまず、娘の首の周囲に巻き付くくらいの長さにカットします。

プレスネットと紐0516

一見すると紐のようですが、伸縮性があるので、伸ばしたりしながら、この紐の中に人工鼻を入れていきます。

プレスネット紐とおし0516

大体、真ん中まできたらストップし、呼吸の穴の部分のアミアミ部分にハサミを入れて……

プレスネット紐通し完成0516

これで完成。

プレスネット完成図


首には、かけるようにして、後ろで型結びしてしまいます。

プレスネット紐結び

この“プレスネット付き人工鼻”にすると、以前のゴム紐のように落ちることもなく、仮に外れても、首にぶら下がっていてくれるので、付け外しが大変楽なように思われました…!

プレスネット装着あおい


念のため、“網越しになった人工鼻”が空気を通しづらくなっていないか……酸素濃度が下がっていないか、モニタをつけてみましたが、酸素濃度は変わらず、脈拍もあんまり変わっていないように思いました。(けれど、プレスネットありなしにかかわらず、人工鼻自体がない方が、脈拍が下がるように思われましたが、これは仕方ないか。)


1個、大きな欠点をあげるとすると、あおいのようにヨダレが多い子供の場合、垂れたヨダレがプレスネットに付着すると、水分を吸い込んでしまい、それが人工鼻にまで付着する……というところでしょうか。

人工鼻が濡れると、空気を通しづらくなって危険ですし、人工鼻1個当たりの価格が高額で、月当たりに支給される個数も決まっているので、1個1個大切に使っていきたいところです。

あとは欠点というよりも、見た目の良しあし……包帯っぽくなってあんまり可愛くないかなあ、と思います。

人工鼻に、可愛いマスキングテープを貼ったりしても、隠れてしまうので…。


けれど便利は便利なので、ヨダレで汚れないように気を付けつつ、これから外出するときは、プレスネットで加工した人工鼻を予備も含めて用意しようと思いました。(家の中はこれまで通りでいいかな…。)

zipロック入り人工鼻0516

人工鼻とか包帯とか、カラバリとかあったらいいのにな、なんて無茶なことをいってみる…。



にほんブログ村
↑記事を読んでくださってありがとうございます☆にほんブログ村の障害児育児ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
プロフィール

マカロニ

Author:マカロニ
原因不明の脳性麻痺の娘・あおいについて綴るブログです。喉頭気管分離オペ・胃ろうオペを受けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
愛読しているブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR