FC2ブログ
2019-06-02(Sun)

悩むミキサー食…“18時間冷蔵”はアウト??

年中さんになった娘が今年の4月から新しくかかることになった療育施設。風邪をひいたり、診察が重なったりで週の半分通えているかな、という感じなのですが、イベントもたくさんで楽しく過ごしています。



こちらでは皆お弁当を持参しなければならず、しかも、

・お弁当はかならず食べきれる量にする。
・普段より少ない量のお弁当にし、お弁当箱を空にする事で褒められる経験をさせ、完食の達成感を学習させる。


…というようなルールがあり、「へえ~」と感心していたのですが、娘もミキサー食のお弁当を用意することに。






ミキサー食お弁当0526 - コピー

↑確実に食べきれる量ということで、少なめに…(総量80gくらい)「ちょっとずつ食べる方を増やせるといいよね。」というのが施設の方のご意見。






娘の1回のごはんの全量は約300gなのですが、お口から確実に食べる分(お弁当分)をひいたものを、別タッパーでお渡しし、こちらは胃ろうから注入してもらうことに。



ミキサー食注入分0526 - コピー

↑3種類のミキサー食をあらかじめこちらでスプーンで簡単にミックスしておき、”注入するだけ”にしておいて、先に“お弁当を”食べた後、50mlのシリンジで4回注入していただく…という感じ。




今の施設では、医療的ケア児は娘1人だけ。胃ろう注入をここまで個別に対応して下さることは本当に有難いです。








テキトー&手抜き満載でなんとなく続けてきたミキサー食なのですが、私は以前、

・その日の朝に、朝とお昼分の2食分をつくる(そしてお昼分を冷蔵しておく)
・晩ご飯は晩ご飯で出来立てを1食分つくる

という作り方をしていました。




今年の春くらいから、「やっぱり朝ミキサーまわすのシンドイな~」と、「夕方に、その日の晩ごはん分・翌日の朝食分・翌日の昼食分をつくり、冷蔵保存する」ようになりました。


(つまりお昼ごはんは、“18時間冷蔵されたごはん”になってしまう)







ミキサー食……毎回ミキサーをまわす労力は勿体ないし、本当は大量につくって冷凍保存してつくりおきしてしまうのが1番なんだろうな…と前々から思っておりました。


しかし…私の中では冷凍保存のハードルがなにげに高くて、冷凍つくりおきするお母さんって、私の中では、すごい出来るお母さんのイメージ…!!




上手く解凍するのが案外難しかったり……解凍してから冷ますため食べやすい熱さになるまでに時間がとられるのが嫌だったり……大量つくりおきの方がむしろしんどく思えてしまったり……“これだけの量で何日分できる”という計算が億劫だったり……


作り置きってズボラ人間には案外ハードル高くない??なんて思ってしまう^^











昨年、栄養士さんに、「自分は解凍が苦手なので、保存は冷蔵でいきたい。」「冷蔵のミキサー食はどのくらいで食べきった方がいいのか。」と伺ったことがあったのですが、栄養士さんは、「つくったものをすぐ冷蔵したとして、12時間以内が理想です。」となかなか厳しいお答えでした。




おとといの残り物とか普通に食べるけどな~とか思ってしまうのですが、水分の多いミキサー食はいたみやすいのかもしれませんね。


そんな自分もちょうど今月に入ってから気温&湿度がグングンあがってきて、先程あげた、「18時間冷蔵お弁当&注入」が不安になってきました。


そこで“お昼の注入分は半固形ラコールにする”“お弁当は冷凍して保冷剤でくるんで持っていきレンチンを頼む”というように切り替えさせてもらうことにしました。


半固形ラコール0531 - コピー

↑半固形ラコール…魔法瓶みたいなジャーに入れれば保冷剤もいらないのかも…。持ち歩き方も色々迷う…。









ミキサー食を用意することも、ごはんを1日3回全介助で食べさせる時間をとることも、正直時々シンドイと思ってしまうことがあります…。



「障害児関係なく、そもそも子供にごはん食べさせるのって大変。」「世のお母さんみんな頑張ってるし私も頑張るぞ~!」と、自分を励ましていたこともあったのですが、全部パクパク食べられるわけではない…。吸引もいる…。第一ゴールがみえず、介助が長期間(おそらくこの先もずっと)続くというのはやっぱり自分、シンドイなあ…と。




・とにかく自分が楽だと思う方法でいく。
・ブサイクな手抜きごはんでも気にしない(笑)。
・シンドイと思ったときは遠慮なく栄養剤でいく。
・子供に食べさせる時間には、母の好きな音楽をかけたり、テレビをつけたりする。


…などなど、とにかく母の楽さ、楽しさも大事にして続けたいなあと思っています。








栄養バランスについては、栄養士さんにきいてしまうととてもキビシイ(笑)。


でも年に2回ほど、在宅医の先生が栄養状態を血液検査でチェックしてくださることになっていて、不足しているものもサプリメント的な役割のお薬で補えたりもする。

それで十分よ~。


スポンサーサイト
2019-03-30(Sat)

なんか便利な愛用アイテム!?15選

他のママさんや看護師さんに教えてもらったり、自分で100均やネットで探したり……医療用物品ではないけれど、便利で愛用してきたアイテム??を、過去記事に書いたものも含めてですが、気ままに少しまとめてみました☆


※価格は買ったときの大体の値段です。amazon購入のものは画像下の商品名にリンクを貼っています。




***


①夜間の吸引時に便利な携帯ライト

3歳くらいまで夜中にも複数回吸引があったのですが、暗くてカニューレの穴がよく見えないときがあって…。(寝れないときはスマホをみたりしていたから余計に目が暗闇に慣れないという自業自得^^)

でも部屋の電気をつけると子供が覚醒しそうで…。

携帯ライト0325 - コピー

パナソニック LEDランタン BF-AL05P-W  価格:1,820円



このライトはネットで発見したのですが、床置きで、電灯部分をプッシュするだけで、ほどよい明りがついて、照らしてくれてとても便利でした。

電池でバッテリーが長く持つので、災害時の懐中電灯代わりにもなりそうです☆








②アルコール綿の作り置きをしなくてすむ便利なボトル


我が家は、アルコール水・カット綿を医療物品として支給してもらっているのですが、このボトルにアルコール水をいれて…


化粧水ディスペンサー0325 - コピー

↑化粧水ディスペンサー ダイソーで100円


ディスペンサー使う0325 - コピー

カット綿をボトル上でプッシュすると、その場でアルコール綿ができあがり…。

これがあると作り置きしなくてすんでとても便利…!教えてくださったママさんに超、超感謝です…!!









③スマイルキュートが無理やり入るベビーカーポケット

吸引の回数が多かったので、吸引機(スマイルキュート)の位置をベビーカーorバギーの上の方に置きたくて、買ってみたのがコレ。

ベビーカーポケットpink - コピー

YUANSHOP1 おしゃれ ベビーカー用バッグ 小物 収納 ベビーカー ドリンクホルダー 大容量 価格:約1,500円



ハンドル部分にとりつけると、本人の顔の位置に近いから動線よく吸引することができ、とても楽で愛用していました。(荷台スペースも空くし。)

難点は大きさが本当にギリギリなこと。洗浄ペットボトルは1本しか入らないし、アルコール綿も個包装された市販品のが10枚入るかどうか…結構機体がむき出しになってしまいます…。

ベビーカーポケットギリギリ0325 - コピー


あまり人におすすめはできないのですが、吸引が多いけど、ちょこちょこ外出したいときには便利かも~。










④障害児のメガネ、めっちゃ汚れる…!


ヨダレでベトベトになったり、めっちゃ汚れる娘のメガネ…。メガネ拭きも消耗するし、ズボラ母としてはあんまり小まめな手入れができなくて…。

この使い捨てメガネ拭きは、気軽に綺麗に拭けるので、有難いアイテムです☆

メガネふき0325 - コピー

小林製薬 メガネクリーナふきふき 価格:50包で約600円(1包12円)



娘のメガネを拭いたあとは母のメガネを拭き、そのあとスマホも拭く(^^)

メガネ拭き開封して0325 - コピー


ただこの間かかった眼科では、「近視の人(私)は近いところがみえるから、かけててメガネの傷や汚れが気になるが、遠視の人(娘)はそこまで気にならないかも。」なんてお聞きしました。そんなものなのかしら~。










⑤障害児のメガネ、壊れる…!

メガネを思いきり引っ張ったりしてしまうことがある娘…。ねじ部分が緩んできてしまうことがあって、以前母子リハ施設に入っていたときには、ねじが完全にとれてしまったことがありました。

そこで看護師さんがもってきてくださったのが、(100均にも売っている)ドライバーセット。

メガネをドライバーでなおす0325 - コピー

↑価格:たしかダイソーで購入。1番小さいサイズが娘のメガネに使えます。



メガネ屋さんにいってきちんと修理してもらうのが1番だと思うのですが、ちょっと雑な応急措置でもよければ、これで母がやっても何とかなりました。











⑥手を洗うのが難しいときに…リーチを縮めてくれるサポートアイテム


最近体幹が少しずつしっかりしてきたので、洗面台に台をおいて(母がサイドからかなりサポートしますが)手洗いの練習をしています。

台座に載って0325 - コピー


この手洗い補助アイテムは、施設で似たのをみかけてネットで探したのですが、子供が届きにくいリーチをいい感じに補助してくれます♡

手洗い補助0325 - コピー

手洗い補助 手洗いサポートカエルデザイン 価格:約470円



手洗いが大好きな娘なのですが、足も洗いたくなるみたいで、洗面台に乗りあがろうとするので困る^^










⑦意外に色々活用できる!? すべり止め

100均のすべり止めシートは、座位がしっかりしていなかったときに、ベビーカーの座面下に敷いたり、EDチューブを抜かないようにスプリントを使って抑制していたときに抜けにくいように中に敷いたり…

外出0325 - コピー


滑り止め0325② - コピー

↑価格:ダイソーで100円



なんか色々活用していました。

昨年母子リハでOTをしていたときには、すべり止めの上にオモチャやモノを置いて、滑って掴みにくいことを減らして、練習するのもアリだよ~と教えてもらいました。色んな活用方法があるんですね~。











⑧大きめでカビにくいベビーバス!?


4歳8ヶ月(身長91㎝)になった今でもベビーバスで入浴させている私…。

このベビーバスは大きめサイズで、「まだまだ使えそう~」と思っています☆

バス0325 - コピー

Nebeir ベビーバス 赤ちゃんお風呂 価格約2,800円


ひっかけフック0325 - コピー


やぶれたりしてベビーバス自体、何回か買い替えていますが、最近購入したものはフックがついていて、お風呂場に干せるので、カビがつきにくくなって嬉しいです☆










⑨気切っ子のお風呂に使いやすい浮輪

昨年母子リハに行ったときには大きめ浴場があり、そこで娘と2人で入浴する機会があったのですが、過去記事にも書いたスイマーバが大活躍してくれました。


スイマーバメーカーさん画像0325 - コピー

スイマーバ(娘は気切しているので 胴回りにフィットするタイプ) 価格:約3,450円

母1人きりで身体を支えるのは動きが予測できなくて怖かったんですが、このスイマーバを使うとかなり安心…。後ろから優しく抱え込む感じ!?でお湯につかれました。


お風呂スイマーバでゆったり0325 - コピー


今年は温泉とか海に行ってみたいなあ…。










⑩気切部分を水からガードしてくれるネックシャッター

在宅開始時から看護師さんに教えてもらって今も愛用しているネックシャッター。(分離後のケア、詳細過去記事参照)

お風呂首ガード0325 - コピー

ネックシャッターminimini 価格:約1,400円


お風呂ネックシャッタ0325 - コピー


最近は、座位姿勢にて身体を洗い、髪の毛を洗う時だけ床にゴロンさせています。少しシャワーの水圧を弱めつつ、顔にお湯がかかるのに慣れる練習!?もしていますが、気切部分はガードがないとやはり不安なので、ずっと重宝しています。

値段の割に頑丈ではなく、消耗して破れてしまうことがあるのが少し残念です。









⑪注入棒になってくれる100均で売っている棒

バギーがなくてベビーカーだったとき、100均でみつけたこの棒をゴムでベビーカーにくくりつけて注入棒代わりにしていました。

のびーるひっかけ棒0325 - コピー

↑価格:ダイソーで100円

ひっかけ棒ベビーカー0325 - コピー


以前はEDチューブからゆっくり注入していたので、外出するのに必須のアイテムでした。帰省時などにも大活躍…!










⑫入院するときに持っていく小さい加湿器

娘が胃ろうオペをして入院したとき、気切が冬だったので、乾燥がハンパなく、ポータブルの加湿器を購入したことが…。


無印の加湿器0325 - コピー

↑無印良品で買ったのですが、今は同じ型番がなさそうです。価格は3,800円くらいだったと思います。


その前に長期入院していたときは、水にぬらしてしぼったハンドタオルをベッドの柵に何枚もかけるという、昔ながら?の対策でした。

最近はネブライザを購入したこともあって、冬場は朝晩と(生理食塩水で)かけるようにしていて、1番これが効いているように思うのですが、手があきにくいこともある病院や外出先では、ベッド傍に加湿器を置かせてもらうのもアリかな、と思いました。










⑬ポロポロ落ちる人工鼻……紐をつけると落ちにくい


人工鼻がしょっちゅうポロポロ落ちて困っていたのですが、伸縮性包帯のようなものに通して紐状にすると、くくって固定することができて、とっても便利☆(過去記事参照)
プレスネット0325 - コピー

プレスネット 1.5号サイズ(※娘の人工鼻に合うサイズ)価格:25mで864円



100均にも似たようなのが売っているとあとから看護師さんに教えてもらう…。(40㎝で100円…だけど自分のいい長さにカットしにくく、1個100円になってしまう)

プレスネットの代わり0325 - コピー


在宅の先生が伸縮性包帯の存在を教えてくださったのがキッカケでしたが、誰か先輩のお母さんのアイデアだったのかなと思っています。超感謝です…!










⑭シリコン製で汚れても簡単に洗えるスタイ

ベビー用品系に全く詳しくない母なのですが、他のお母さんがこういうシリコン製のエプロンを使っているのをみて、昨年、即購入。


シリコンエプロン0325 - コピー

↑大西賢製版 SILICONE BIB シリコンビブ ネックレス 価格:約1,700円



おばあちゃん(義母)がヨダレに強い前掛けを手作りしてくれたりもしてくれたのですが、食事時に限ってはこれが有難い…。

シリコン製だとどれだけ汚れても浸透しないし、おちたごはんをキャッチしてくれるポケットがあるし、これを付けているだけで、洗濯ものが減りました。

もっと早く買えばよかった…!










⑮靴下のように気軽に履けるソックスシューズ
 
最後は便利グッズではないのですが、以前、義妹がプレゼントしてくれた可愛いお靴♡

アティパス0325② - コピー


娘は最初靴を履くのを嫌がっていて、私も無理に履かせなかったのですが、このアティパスは靴下のように履かせることができて、シューズ部分も付け心地が軽め。

今はガッツリした靴や装具を付けることが多くなったけれど、最初に慣れる靴として良かった気がします。


アティパス0325 - コピー

↑3,000円前後で買えるみたいです♡



何よりデザインが可愛いので、「可愛いね~。」「この靴どこで買ったの?」など、道を歩いていても優しく声をかけて下さることが多くて、嬉しかったです。

子どもに可愛い恰好をさせる…というか、オシャレを楽しむ心の余裕みたいなやつって大事ですね…!








***
主婦の知恵みたいなのが皆無な私ですが、色々教えていただいたりして、便利なものがあるな~と有難く使わせてもらっています♡


明日から4月……豆腐メンタルの母としては色々不安もあるのですが(1番は娘の体調…これに尽きる…)、ゆっーくり、マイペースに、のんびり行くぞ~という気持ちでいきたいと思います☆

2018-12-05(Wed)

恐怖の脱ペーパードライバー

私にとって、長らくミッション・インポッシブルだった娘と2人きりのドライブなのですが、この秋にようやく車で療育園まで通うことができるようになりました。



免許をとったのは5~6年前で、取得後ほとんど運転していないという超ペーパードライバー……。



療育園まで大体車で1時間弱なのですが、運転への自信のなさ、吸引が多いことなどを理由に、ずっと電車・バス(+徒歩)で移動していました。



今年の春になって、通園回数が増えたり、娘の吸引回数が以前より大幅に減ってきたりという状況もあり、なんとか車運転したいなあ…と改めて思い、環境も一新してのぞむことに…。







【カーシートをつくってもらいました】

まず今年の春、療育園のPTさんに相談して「キャロット3」というカーシートをつくってもらいました。


キャロット3とstd - コピー

↑画像左はSTDというカーシートで、画像右がキャロット3。



以前、福祉機器の展示会で、上記画像のSTDとキャロット3という2種類のカーシートに試乗させてもらったのですが、キャロット3の方が装着が簡単で、娘に合った気がして、Sサイズに再度試乗させてもらい、頭部や座面の支えなど、PTさん・装具屋さんにみていただきつつ、少しカスタマイズしてもらいました。




試しのり1202 - コピー

↑キャロット3本体価格:97,000円に対し、私の住んでいる地域で補助してもらえるお金が80,800円。その差し引き金額:約16,000円+頭部の支えなどつけてもらったヘッドレスト代が16,000円で、計大体32,000円の自己負担が発生しました。





以前時々使っていたチャイルドシートは後ろ向きで、姿勢も不安定だったので、安定した姿勢でカーシートに座らせることができて本当に有難いです…!







【福祉車両を購入】

そして、前々から夫とちょこちょこ話していたのですが、思い切って大きい車(福祉車両)に買い替えることに……。


「後方からバギーを積み込み、なおかつ助手席にカーシートを置いて横に子供を座らせる」ことができるようにしました。



車内1202 - コピー

↑娘を助手席のカーシートにのせたあと、スロープを出して、後ろからバギーを積み込みます。


キャロット3取り付け1202 - コピー

↑助手席に置いたキャロット3。娘が横にいるとすぐに吸引できて本当に安心…!





吸引は、路肩などに停めて行わず、大抵長めの信号待ちのときなどにササっとやってしまうことが多いです…。


「アカン、消毒する時間がない…!」と思ったら、一旦吸引チューブを捨て置いて、そのあと消毒……とかそんなテキトーな感じでしのいでしまっています…。


↑↑12/6追加 スミマセン、ちょうど今日旦那と私の運転について話していたら、「信号待ちで吸引はしたらダメだろう。」という議論?になりました。きちんと路肩にとめて安全に行えるようにしたいと思います…!



以前は数分おきに吸引しているような状況でとても自分には運転は無理…とあきらめていましたが、成長とともに吸引回数が少しずつ減ってきました。最近だと調子のいいときには30分~40分に1回くらいですむようになったおかげで、大体片道1~2回のケアで済んでいるような気がします。










【母、出張ペーパードライバー講習を受ける】


さらに……超絶方向音痴で、ドンくさい母……思い切って出張ペーパー講習を受けました。


療育園への道が1人で練習しても全く覚えられない…(ナビが毎回違うルートを出してきたりして混乱する)……駐車の仕方がサッパリわからない……というヒドい有様だったのですが、「先生が出張で来てくれて、自分が普段乗ってる車を使って、自分の行きたい道で練習させてもらえる。」という出張講習を頼んでみました。



来てくれた先生が「覚えやすくて道路が広めで運転しやすい道」を1ルート選択してくれ、それだけを必死で覚えることに専念。


かつ駐車の練習だけをする時間もとってくれ、なんとか基礎を叩きこみました。


出張ペーパー講習は、時間で考えると割高な印象ですが、2時間コース、6時間コースなど、短時間から長時間までオーダーすることができ、密度がとても濃いように思いました。(私は3時間コース×2回を頼んだけど、1往復で2時間かかるのであっという間でした。)










【電車・バスとどっちが楽…??】

これまで公共の交通機関を乗り倒してきた私…。

乗り物内でも吸引したり、駅でも注入したり、ときにスロープをだしてもらったり……色々でした。




ここ数か月、車に乗るようになって思ったのは、「周りに気を遣わなくて楽だなあ。」……と。



電車・バスに乗っていると、娘をジロジロ見る人がたくさんいました…でも娘も周りとジロジロとみていました…(笑)


母は母で、時々周りの人の何気ない言葉にグサッときたりすることもありましたが、それ以上に親切な人たちがたくさんいて、「なんか優しい人多いなあ~。」と(勝手に)励まされることも多かったです。



移動手段は複数持っていた方が(慣れていた方が)よさそうなので、公共の乗り物にも、これからもたくさん乗りたい…!という気持ちも持っています。





***


なんだかんだで今、1番不安なのは、やっぱり駐車がヘタクソすぎること…。


いつも必死の形相ですいている&とめやすいところを探しながら、「何回切り替えしすんねん!」というくらい時間がかかってしまう(>_<)



先日は、なんかドツボに入ってしまって「停められん…どうしよう…」となったとき、他のお母さん??が車から降りてでてきてくれて、「ここをみてこっちに切って…!」と指示出ししてくれました。めっちゃ優しい……そして、ホント、ごめんなさい…。




駐車の自主練どっかでまたやって、もーちょい、自信つけたいですね…。いつも出掛けるとき、ドキドキ感が拭えない母ですが、ドライブもっと楽しめるようになれるといいな☆



にほんブログ村



2018-01-14(Sun)

訪問歯科医さんと娘の歯みがき

私の娘は、1歳10か月から訪問歯科医さんの診察を受けています。

大体、1~2か月おきに来てくださっていて、1回あたり30分ほどの診察時間。



歯みがきについても、これまで色々とアドバイスいただいたのですが、口の過敏もあるのか、基本的に娘はずっと歯みがきが嫌い…。


今でもこんな感じで、寝ころばせて、娘の腕を私の両足で押さえる感じで行っています。

歯みがき3歳5か月0114 - コピー

↑手を押さえてても、足でとりにくる…。(娘:3歳5か月)





歯科医の先生からは、「もっと楽しい雰囲気で。」「沢山褒めながら。」「ママが磨くのと一緒に。」などとたくさんアドバイスいただいているのですが、暴れんぼさんなので、いつも余裕ないな~。



子供用歯ブラシ0114 - コピー

↑使っているのは普通の子供用歯ブラシ☆






また「子供自身が歯ブラシを握る機会をつくるとよい。」とのこと。



その際は、“不安定な状態で座ったまま持たせて、転倒して歯ブラシが突き刺さったりすると危険”……なので、寝た姿勢か、座位保持イスなどに座らせて安定した状態で行うとよい…といわれています。



そして娘が持つ場合には、奥に突っ込みすぎないよう、留め具があるような別のブラシを渡すように推奨されました。



ガードのある子供歯ブラシ0114 - コピー

↑スーパーで買った1歳児まで用のブラシなのですが、うちの子、お口も小さいのでなんとか使えています。



ガードのある歯ブラシ使用0114 - コピー

↑確かに娘には、“オエッ”とする反射がないようで、口のかなり奥にまでブラシを入れてしまうんですよね…。




加えて、歯ブラシだけでは取り切れない汚れがあるらしく、「フロスちゃん」という糸ようじで、歯と歯のあいだを掃除するようにともアドバイスいただきました。


フロスちゃん0114 - コピー

”フロスちゃん”20本セットで大体210円くらい。



こちらは本当にかなり嫌がるので、日常使いできていないのですが……

先生が来てくださったときにはこれを使って掃除していただいています。




「歯みがき粉は使った方がいいのか?」「食用の重曹がいいとか何かおススメはあるか?」とお伺いしたところ、「今の月齢だと使わなくてもいいが、味の付いた歯磨き粉だと子供が喜ぶかもしれない。」「でも歯みがき粉を使ったあとは口をゆすがなければならないけど、それが出来ないので、代わりに濡らしたガーゼなどで拭き取ったほうがいい。」とのこと…結局面倒で歯磨き粉は使っていません。








診察時間の半分(15分)くらいは、娘の虫歯チェックと、歯の掃除。


残り半分(15分)くらいは、摂食について悩んでいることなどをきいてもらったり、先生が地元の情報に詳しいので、子供の遊び場の情報などを提供していただいり…とても貴重な時間になっています。



診療費は今のところ、医療費の助成でカバーされています。



先生ご自身から直接食べさせ方や嚥下のフォローについて指導いただくことはないのですが、「あそこの病院でこんな指導を行っている」といった地域の情報をくれることも…。



また「訪問で出来る処置・使える機材は限られているので、定期的に大きい病院にもみてもらうといい。」と仰って、紹介状を書いて下さり、大きな総合病院の歯科にも大体4か月に1回のスパンでかかっています。










そもそも、この訪問の歯医者さんに来ていただけるようになったのは、在宅医の先生(普段カニューレや胃ろうボタンの交換などをはじめ大変お世話になっている先生)がご紹介くださったおかげ…。



引っ越してきたとき…実は母も、”歯医者さんは地域によっては数が多いから、患者獲得のために高齢者向けなどで訪問をしているところがあったら、そこにまず夫婦でかかって、子供の診察も頼んだりできないかなあ”などと思っていたのですが、やはり障害者の訪問をしているところは少ないみたいで……。


まさか在宅医の先生がここまでフォローしてくれると思っておらず、いいお医者さんに巡り合わせてくれて本当に感謝です…!



前歯3歳5か月0114 - コピー

↑気になっている歯の生え変わりのタイミングですが、大体6歳前後だけど子供によってかなり差があるらしい…。ドキドキ…。




脳性麻痺の子は噛み合わせが悪かったり、舌の動きに癖があったりすることで、歯並びが悪くなりやすい…また逆流があったり、食べられないことで口内のphが酸性に傾きやすく虫歯や歯周病になる可能性も高いみたい……


今の内から、気を付けてみてもらえる機会があるのは本当に嬉しいです。

歯石の多い娘ですが、母も相当歯がキタなくなっちゃってて(笑)歯医者さん、そのうち行かなきゃなーと思っています。



にほんブログ村

2017-09-20(Wed)

ベビー用浮輪で気切をしている娘と入浴

気切(分離オペ)をしている娘との入浴について……これまで娘と私が一緒にお風呂に入ったことといえば、ほんの数回しかなかったのですが、最近、ベビー用浮輪を使って、一緒に入浴することができました☆


お風呂スイマーバでゆったり0919 - コピー


(一緒の入浴が困難だったのは、娘が1年8ヶ月という長い間、病院生活が中心だったのと、在宅生活が始まってからは、気管孔に水が入らないように気を付けての介助入浴が必然となってしまっていたので……)



今回お試しした浮輪は、スイマーバという、胴体につけるタイプのもの。



スイマーバメーカーさん画像①0919

スイマーバ 胴回りにフィットする うきわ型スポーツ知育用具 ボディリング【日本正規品60日保証】ベビー 6ヶ月~2歳(ダックイエロー) Amazonにて3,450円


スイマーバお風呂0919 - コピー

↑浮輪が胃ろうボタン部分を圧迫しないか、引っかかって抜けたりしないか、心配だったのですが、丁度よい具合に、装着することができました。


ちなみに、サイズはベビー用とキッズ用で2展開あったのですが、ベビー用を購入。

スイマーバメーカーさん画像②0919


あとから改めて娘の胴回りをはかったら、52cmだったので、キッズ用でもよかったのかもしれませんが、体重を考えるとベビーだし、浮輪が外れると怖いし、上手くサイズもあったようので結果オーライということで…。



スイマーバ湯船0919 - コピー

↑いつもはベビーバスを使っていましたが、大きな湯船に入るとリラックス~♪(背後は水着を着た母です…。)
バランスを崩して水に浸かると怖いので、後ろから手をまわして、軽く身体を支えています。



娘は背丈も80㎝弱と小柄、浸かっていると足が浮いてきて、そこからキックしたりして、いい運動にもなっているような気がしました。




********


また、最近、入浴の際に、バンボという座椅子を使って、座位姿勢で身体などを洗えないか…というのにもチャレンジしはじめました。

バンボ0919お風呂

↑バンボは以前おばあちゃんが持ってきてくれたのですが、5,000円~6,000円位で購入できるようです。
いつも色々教えて下さる訪問看護さんがから「これを使って入浴しているお子さんがいる」と伺ったので試してみました。


バンボでお風呂洗い0919 - コピー

↑娘は最近座位が少しずつ安定してきましたが、お風呂のとき直に床の上に座らせるのは、転倒したときフォローができなさそうでコワイ…。バンボに入れてしまえば、かなり安定して安心です☆


お風呂ネックシャッタ0919 - コピー

↑首部分は以前の記事で紹介した、ネックシャッターなどでガードしているのですが……


それでも、水が漏れてこないか心配で、頭部分をそそいで洗うときと、バンボにガードされてしまう股間部分を洗うときは、結局、床マットの上に身体を水平にして洗いました。

シャワー 0919




バンボは表面が濡れても拭くだけでお手入れがカンタン☆

ただ中にポリウレタンのスポンジが入っている?ようなので、あんまり水に浸けていると劣化しそうなのは心配。使用後はベランダに出して乾かしています。



**********


肢体不自由で気切をしている娘にとっては、今後も介助入浴は必須ですが、たまにはスキンシップで、色々アイテムに頼りつつ、一緒に入浴するのも、いいかな~と思いました。

(体重が軽くて小さい今だからこそ、やりやすいのかもしれませんし…。)



また水に浸かることも、脳性まひの子にとっては良い、脳の活性化やリラックスにつながる……ともいうらしいので、今年はもう夏が終わってしまうけれど、プールにもそのうちチャレンジしたいところ……。


地域によっては、気切の子ども達を対象にしたプール講習会のようなイベントもあるようなので、来年はそういうのにも参加できるといいな、なんて思っています。



にほんブログ村
プロフィール

マカロニ

Author:マカロニ
原因不明の脳性麻痺の娘について綴るブログです。喉頭気管分離オペ・胃ろうオペを受けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
愛読しているブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR