FC2ブログ
2017-10-27(Fri)

セカンドオピニオンを受けたときのこと

“脳の画像に何の異常も見られないが、おそらく脳幹に損傷があるため重度の脳性まひである”


……という娘のあおいなのですが、1歳6か月のとき、大阪の病院に、セカンドオピニオンを受ける機会がありました。




この診断を受けるチャンスに出会えたのは、私の母(あおいの祖母)に因るところが大きいです。



関西から孫の世話を手伝いに来てくれた私の母は、「あんたはオリンピック選手を育てると思ってこの子を育てなアカン」と私を叱咤激励してくれ(笑)、「あちこちの病院を見に行って1番よいところを考えなくていいのか。」「もっと良くなるように必死に色々探さなくていいのか。」といった言葉も掛けてくれました。




私自身、病院については…

確かに最初にお世話になったNICUで診断がなかなか付かなかったときにはモヤモヤした気持ちがあったものの、転院した病院は脳神経の検査も詳しく行ってくれ、脳性まひという診断をつけてくれた点でも、感謝していましたし、さらに病院を探すことは思い浮かんでいませんでした。



しかし…!

私の母は、さらに「大阪の方にもいい病院があるかもしれない。」「今度私が(実家に)戻るときに病院の見学に行ってあげる。どこの病院がいいか探してみて。」と、なんとも行動力にあふれる助言をくれたのです。





そこで、私は、全国的に脳性まひの治療については有名らしいとウワサを聴いたA病院と、自分が読んでいた脳性まひの書籍に名前が載っていた先生や療法士さんがいるらしいB病院を、母にみてきてもらえないか、と頼むことになりました。



(加えて、あおいの生まれたときの状況や経過を書いた紙を1枚預かってもらうことにしました。)





関西から戻ってきた母は、みてきた病院の感想を教えてくれ、さらに、B病院では、アポなしの突撃だったにもかかわらず、病院の相談窓口にまで行って、あおいのことを話してくれたそうです。



そうすると、たまたまその病院の窓口に、読んでいた脳性まひに関する書籍の監修をされていた整形外科の先生ご本人がおられたらしく、


「先生がみてもいいと言っている。」

「患者本人が来れなくても、資料さえもらえれば、先生にみてもらうことができる。」




……という風に言ってくださったそう。


「娘自身はとても長距離移動ができる状態ではないが、そんな本人がいなくても診てもらうことが出来るのか。」

「整形外科は今まで掛かることのなかった診療科だなあ。」


……と、とりあえず喜ばしく思ったのを覚えています。



当初、(他の病院の雰囲気を教えてもらえばというだけで)診察を受けたいという思いは全くなかったのですが、リハビリについては在宅に入ったらどうしたらいいのかと色々悩んでいたので、整形の先生の話は是非ききたい…!という気持ちになりました。





そんなこんなで、長期入院にて診てもらっていた病院(今の掛かりつけ病院)の先生に、この経緯を相談することに…。


小心者なので、話の切り出し方にも迷ったのですが、


「母経由で大阪の病院にたまたま話をする機会があって、整形外科の先生に主にリハビリのことを色々ききたいのですが、いいですか?」…などと大層アバウトな質問をしたところ、


先生の方から、「セカンドオピニオンですね。なにを用意すればいいですか?」…とアッサリした感じで、資料を用意することを了承くださいました。




このとき初めて、「あっ、これってセカンドオピニオンってことになるのか?」などと気付くような鈍感さでしたが、医師に相談するにあたっての第1声が、「セカンドオピニオンが欲しい」というダイレクトな表現でなかったのは、もしかしたらよい部分もあったのかな、などと思っています。


(とにかく、自分が頼んでいることをきちんと理解してないトンマな状況で、あえてセカンドオピニオンという言葉でもって対応してくださった先生には本当に感謝ですね…。)





そんなわけで…


まずはセカンドオピニオンを受け付けてくださったB病院に、改めて電話で、必要な資料について遣り取りすることになりました。


そして、


●病院からの診療情報提供書とMRIの画像の入ったCD-ROM


●娘のリハビリの様子を撮影したDVD


●妊娠出産の経緯や、写真とともに娘の成長記録について記載した紙資料
(聞きたいことのリストのようなものも付けてしまった)



……を用意させてもらうことにしました。



そして診察日を予約してから、先に前もって、資料を郵送することに。


診察日には、私の代わりに、また母が話を聞きに行ってくれることになりました。


(夫に面会を代わってもらって、私が行ってもよかったのですが、分離オペ後の退院指導で慌ただしかったのと、もし災害などで交通機関が止まって娘の面会が出来なくなったらどうしよう、という不安もあったので、随分と甘えさせてもらいました。)








そして肝心のセカンドオピニオンの内容はどうだったか、ということなのですが……





あらかじめ質問したいこととして、あげていた事柄(主にリハビリについての不安など)については、すべてではなかったものの、いくつか回答をくださいました。



例えば……


●筋緊張は出生時より改善されてきているが、関節が固いです。装具のようなものを付けて常に関節を広げるなどした方がいいでしょうか。
→装具は子供が嫌がることも多いし、映像をみたところ自分で動く意思もありそうなので、無理につけずに、自由に伸ばしていくことを考えてはどうか。


●自宅でどんなリハビリをしていけばいいのか迷っています。何か素人でもリハビリについて学べるお薦めの本はありますか。
→母子入院をやっているところもあります、本は、「脳性まひ児の家庭療育」という本がお薦めです。


●胃ろうのオペを検討したいがどう思いますか。
→そんなに慌ててすぐに次のオペを決めずに、まずは経口摂取なども積極的に試してはどうか。

…などなど…。





訊きたいことの多くがざっくりした内容で、今読み返すと「こんな質問してどうすんの?」的な事が盛りだくさんでしたが、母から聞いたお医者さんのお話の内容が暗いものではなく、明るく前向きなものが多かったということに、先生のお人柄を感じ、嬉しくもなりました。




また、娘の脳性まひについては、大層疑問に思われていた様子で、


「画像に何もでていないのが不思議。」

「リハビリの映像をみたところ、首のぐらつき方が普通の脳性まひと異なっているような気がする。」??

「脳というよりも、脊髄部分に異常があるか、もし脳に障害があるとしても、極めて脊髄に近い部分では?」


…などとお話されていたようです。




この辺り、母からの又聞きになってしまうと、どうしても情報が不足してしまった部分もあったのですが……


先生は、脳幹の中でも、”延髄”とよばれる、脊椎にもっとも近い部分の損傷を疑っていたと思われ、延髄の外側が梗塞するによって生じる症候群…ワレンベルク症候群のお話をされていたのではないかと思っています。

(母がなんかカタカナの病名を言っていたよと、話してくれたので…)



この“延髄の外側部分”の損傷による障害の特徴?が、嚥下障害で、さらにここにしか損傷がない場合だと、運動機能は障害されない?らしい…。


(娘は、確かに嚥下障害の重度さに比べると四肢の動きは活発なのですが、それでも重度の肢体不自由でもあるので、障害を負っているのは、延髄の外側部分?だけではないんじゃないかなあ、とは今になって思うのですが…)



詳しい話はよく分からないものの、結局のところ、娘の掛かりつけの専門病院と、“脳幹障害”という点で、診断が極めて似ているように思われたので、この点でも“脳性まひ”という娘の診断に、より信頼が持てて安心することは出来ました。






***

また…少し話が脱線してしまうのですが、2017年2月(娘2歳6か月)には、脳に画像異常がないという条件にも関わらず、産科医療補償制度の申請が下りるという一幕もありました。

この点においても、「こんな脳性まひもあるのね。」と納得させられた次第です。特定できるかはともかく、原因分析については来年夏ごろまでに一応回答がもらえる……ということになっているので、何か分かったら書きたいな、と思っています。

***







そして、この診察後、診て下さった整形外科の先生が、娘の入院している掛かりつけ病院にお手紙を書いてくださり、娘は、もう一度、脊椎部分も含めてのMRIをとることになりました。


ただやはり画像には何も映らなかったそうで、診断という意味では、大きく目新しい情報は得られない、という結果でした。

それでも、同じ症状を探すのが困難な中、他の病院の先生の意見を伺えたのはとても貴重でしたし、有難いチャンスだったと思っています。




この先生には、母を通してのこの一度きりしか掛かっていないのですが、ご親切にも、「もし大阪に来ることがあれば、今度は紹介状なしでみます」とも言って下さったそうで、私からは、お礼状を書かせてもらいました。







なんだか、セカンドオピニオンというと……


●主治医の前で言ってはいけないワード

●今の病院にグッバイして次に行くときにいう言葉



…というようなイメージが私の中にあったのですが、実際のところは、そうでもないようで、
本来の意義は、「患者にとって最善と思える治療を、主治医と判断するために、べつの医師の意見を訊くこと」だそうで、本人不在でも受け付けている場合があるということも初めて知りました。



いきなり病院に見学?に行って、聞きたいことも明確にしないまま、とりあえず診察の確約を先に取り付けて、あとから資料を要求する……多分これは、本来のセカンドオピニオンの流れから大きくずれてしまっているし、ホントよく怒られなかったな(笑)と思うのですが、こんなこともあったね……ということで……。





なにより、母が私に、「自分の知り合いなどで病気になった高齢者たちは皆必死であちこち動いてよりよい病院を探している。なぜそれをあなたは小さい子のためにできないのか。」と言ってくれたおかげで、こういう経緯がありました。


母の気持ちには感謝なのですが、でも、やっぱり、私には、障害のある子の医療事情は、そういう高齢者の人たちとはまた違うんじゃないかなあ、という思いもあります。





障害のある子の親は、「病院に嫌われたら怖い。」「診てくれるところがなかったらどうしよう。」という不安をどこかで持っていて、(どんなにいい病院であったとしても)病院側とのコミュニケーションには気を遣ってしまう…。


加えて小児の特殊な病気は、患者数自体が少ないものの、診てくれるお医者さんも多くないから、俗にいう“病院のウィンドウショッピング”みたいなものは、出来るものではないんじゃないかと…。






ただ、在宅生活に入ってからは、セカンドオピニオンという形ではないものの、訪問診療の先生、療育園の先生など、娘と関わりのある医療機関が増え、同じことを違う科の先生にきける機会を増やせたことは大変有難く、昨年、胃ろうオペについて散々悩み倒したときにも、複数の先生の意見を訊けたことは、とても心強いことでした。



このつながりは今後も維持していきたいと強く思っていますし、娘の治療には親としても積極的に関わっていく、という姿勢は忘れないようにしたいと思います。




にほんブログ村
↑ブログ村さんの障害児育児カテゴリに参加しています☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

マカロニ

Author:マカロニ
原因不明の脳性麻痺の娘・あおいについて綴るブログです。喉頭気管分離オペ・胃ろうオペを受けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
愛読しているブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR