2017-11-16(Thu)

通園クラスを見学

先日、娘を連れて、市内にある通園クラスの見学に行ってきました。

今住んでいる市には、発達支援センターがあり、その中には通園クラスもある、とのこと。



この発達支援センターのことは前々から知っていたのですが、以前市役所の方に問い合わせたときに、

「発達障害のお子さんばかりで、娘さんが通うような場所ではない。」

…とお話され、どうやら医療的ケア児や重症心身障害児は一切受け付けていないらしいと、これまで全く関わってきませんでした。




ところが、今年になって訪問歯科医の先生や保健師さんが、「医療ケアのある子でも通っている人がいるよ」と新たな情報をくださり、センターに直接問い合わせると、娘でもサービスを受けられるとのことでした。



(なんでも行政の人に言われたことをハイハイ聞いてちゃダメなんですかね・・・。)





この発達支援センターでは、18歳未満の、子供の発達全般の相談を受け付けていて、心理発達の検査を受けたり、療法士さんの相談を受けたり、母子一緒に集団保育的なものに参加したり……



色々とサービスを提供されているようです。


9月には1度、娘を連れての面談があり、妊娠~出産までの経過、オペの記録、在宅での様子などをお話しさせていただき、
先方からは施設を利用するにあたっての説明などがありました。





そしてサービスの1つとして、通園教室もあるので、娘も通ってはどうかと、温かく声をかけてくださいました。




こちらの通園は、

●週5日10時~14時までで、完全母子分離
(ただし児童の体力に応じて通園日数などは相談可)

●2~5歳のお子さん対象で、ひとクラスのみ。定員は約20人。

●支援校に通う練習も兼ねて、全員送迎サービスにてのバス通園になっている。

●医療ケアはすべて職員さんが行う

●利用料はかかるが、1割負担が原則


…とのこと。





兄弟もおらず子供との関わりが少ないこと、医療ケアもあってどうしても母親がベッタリになりがちなこと、地域との関わりが大きく欠けているのではないかということ…



私が日頃から悩んでいた様々な思いを汲んでくださる場所のように思えて、すごく嬉しい驚きでした。





ただ利用を希望している人が、40人以上待っていて、娘のあおいが利用できるようになるのは、再来年になる(娘が5歳、ちょうど年長クラスに当たるとき)とお話いただきました。



再来年……ってかなり待つんだなあ、と思いつつも、早速入園希望のエントリーをさせていただき、娘と一緒に、クラスを2時間ほど見学させてもらうことになりました。









朝、バスから降りたお子さんたちが登園されると、まず持ち物を自分の棚スペースに入れたりしつつ、最初は着替えの練習から1日がスタートされるようでした。


1人で出来ないお子さんがほとんどなので、職員さんがその学習をフォロー。


このクラス、20人強の人数が在籍されているとのことでしたが、それに対して職員さんは14人もおられるそうで、かなり厚いサポートをしてくださるのだな、という印象を受けました。






また通園1日の流れとして、15分おき⁉に静と動のプログラムを組んでいる、とのこと。



身体を思いっきり動かしたあとには、静かに座って視覚的な教材をみたり…音楽に合わせて踊る遊びのあとには、座って集中する作業の練習をしたり…


また絵カードを使って1日の予定を説明している場面や、排泄の訓練にもカードなど使って意思表示するように指導している場面もみられました。



教室は広く、床にはたくさんのテープで貼った線があり、「朝の会のときには◯色の線、食事の時は◯色の線、と決まっていて、みんな規律よく動ける訓練もしている」というようなお話も伺いました。



お子さんたちは皆とてもかわいらしくて、クラスはみていてとても楽しかったです。







ただ一見したところ、医療ケアの必要な子、肢体不自由の子がいなさそうだったので、職員さんに伺ってみると、

「今年の年度はたまたまいないけれど、去年は数人いましたよ。」とお話くださいました。







見学させていただいて、なんとなーく感じたことですが、特別支援学校の知的障害部門はこんな感じの雰囲気なのかな~と思いました。



娘のあおいが通うことになるとしたら、同じ支援校でも肢体不自由の部門になると思うのですが、クラスの雰囲気とかプログラムとか、またガラリと変わるのかしら…。


あと医療ケアはここでは受け付けてくださるみたいだけど、(引き継げるまでしばらくは母子一緒に通園みたいですが)地域の支援校はどういう方針になっているのかしら…。





この支援センターでは、ゆくゆく就学相談も受け付けてくださるようなので、早めに相談できることがあれば相談して、色々情報を集めていきたいな、と思いました。






クラスはすごく楽しそうで充実していそうでしたし、娘も色々と興味を持っているようにみえました。


ここに入れると嬉しいなと思いつつ、みんなと全く同じ活動ができるのかどうかはちょっと心配。


娘は体格、体重がみんなよりずっと小さいし、体力的にも同じプログラムに参加し続けれるのかな、と。(午前中ちょっと活動したあと疲れて寝てしまうかも…。)




再来年、必ず入園できるかは分からないけど、今は単発の集まりに参加させてもらったりしながら、関わりを少しずつ広げていけないかな、と思っています☆




にほんブログ村
↑ブログ村さんの障害児育児カテゴリに参加しています☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

通園クラスを見学

見学良かったね

史上最高の自然免疫強化療法

現時点で最高の自然免疫療法
最新の研究で、自閉症やアルツハイマー病は、ヒューマンパピローマウイルス(HPV)の感染とアスベスト±重金属の汚染の合併と分かりました。治療はいたって簡単です。平均適量は、タウリン180㎎x3~4/日とビタミンD400単位x3~4/日です。尿中にHPVとアスベスト等が強力に排泄されます。発症から3年以内だと劇的に良くなります。それ以降は効果は落ちますが、効果はあります。赤ちゃんから大人まで適量はほぼ同じです。近くの薬局で買えない場合は、ネットや又は海外から個人輸入できます。タウリンはリポビタンDなどにも入っていて安全なものです。ビタミンDは骨・カルシウム代謝のみでなく、脳細胞を元気にして、その再生と更に新生を助けることが分かりました。つまり健康人でもそれなりに集中力がつき、頭が働くという事です。ご参考まで。http://blog.goo.ne.jp/nobuokohama

ちー姉さんへ☆

ありがとうございます☆見学とても楽しかったです♪

DRNOさんへ☆

ありがとうございます。世の中には諸説色々とあるのですね。
プロフィール

マカロニ

Author:マカロニ
原因不明の脳性麻痺の娘・あおいについて綴るブログです。喉頭気管分離オペ・胃ろうオペを受けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
愛読しているブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR