2017-12-19(Tue)

介護ベッドの購入

これまで娘に関連したものの中で、ダントツの出費になっているものなのですが……我が家では自費購入した介護ベッドを使用しています。


床から近いベッド1218 - コピー

↑フランスベッドの超低床リクライニングベッド。その名のとおり“超低床”で、床上までのキョリが最短11㎝しかないのが特徴。



今になって買うタイミングが早かったか…という反省もあるのですが、ベッドについて少し書いていきたいと思います。





まず、このベッドの特徴は、普通の介護ベッドよりもさらに低い位置にすることができ、床上からの距離が短い。転落の危険性が少ない…転落しても安全性が高い…という設計になっていること。



ベッド最大高さ1218 - コピー


高さをリモコンで自動調整できるのですが、反対に1番高くすると、61㎝の高さまであがります。



これが普通のベッドの高さよりもかなり高く感じるようになっています。


肢体不自由児の場合…成長とともに体重が増えると、抱っこして介助する負担は増していくのではないかと思っていました。


長期入院していたとき、他のお母さんから、「(子供を)持ち上げて下ろすときが1番腰にくる。」「ベッドの高さが低いほどそれはしんどい。」「ベッドの下になにか敷いて??ベッドの高さを底上げする人もいるらしい。」

…というような話も伺ったこともあります。


(ただこれらはあおいにとっては今のところ無縁の悩みになっています…。体重が増えてくれないので…)






掃除しやすいベッドの上げ下げ1218 - コピー

↑普通のベッドと違って、収納スペースがないけれど、こうやって上まであげると掃除もしやすかったり…。




またリクライニング機能…背上げできるのも嬉しい点ではあります。


ベッド背上げ可能1218 - コピー


本来は自分で起き上がるのが難しい高齢者の方がメインで使われるものだと思うのですが、娘は消化機能が悪く、酷いときには胃液すら消化できずに溜まることも…


多少背上げしておくと、上から下に流れがよくなることもあるようなので、角度がボタン1つで調整できるのは本当に楽です。







そんな便利なベッドの価格なのですが……

ベッド部分が税込みで46万円、マットレスは(これはモノによるのですがうちの場合)5万円という定価になっていました。



直営店まで行き、現物をみたのですが、「安く買えませんかね。」という話になり、夫が営業の方に色々訊いてくれたところ、「1年に数回??展示場のような特設会場で、バーゲンセールみたいなのをすることがある。そこで買うと1番安く買えるはず。」とお話いただいたそうです。


ただそのバーゲンセールは私たちが購入しようと思っていた時期からかなり空いていたので、迷っていたら、2割ほどまけてくれる結果になりました。(決算期だったからか?娘の話をあれこれしたからか?全然関係ないのかもですが…)






そもそも介護ベッドの購入を検討しはじめたのは、在宅生活に入るにあたり、「ベビーベッドもないけどどうしようか。」と迷いだしたことからスタート…


病院生活が1年8ヶ月と長すぎたからか、「ベッド=娘の居場所」「ベッドでリハビリもして1日中過ごす」という認識で、「ずっと使えるよいものを買うのはどうか」などと 家族で話し合うことに。


(やっとお家で過ごせるという気持ちでフィーバーしてしまってたところも大きいかもですが)






しかしいざ、在宅生活がはじまると、床の上でリハビリしたり遊んだりすることが多く、ベッドで過ごす時間は就寝時だけ…。


上からみたベッド1218 - コピー


実際、ベッドは今下げっぱなしになっていて、「これだともう1枚娘用に布団を敷くのでもよかったのでは…。」とも思ってしまう…。







また購入時に確認不足だったと反省しているのは、介護ベッドの寿命のこと。



実は購入した直後にベッドが上下に動かなくなり、修理の方が来てくれたことがありました。

(初期不良だったのか不具合はこの1回だけで、以降は1度もトラブルなく使えています。)


そのとき修理の方が、「大丈夫。介護ベッドの寿命は大体10年はあるからね。」などと教えてくださったのですが、「ええ、10年しか使えないの!?」とこのときになって驚いてしまいました。


ベッド=ずっと使えるもの と思っていましたが、電動なんだから電化製品みたいに寿命が尽きることもある。福祉介護用品というものには寿命がある。

このあたりの認識がかなり低かったなあ、と。






ちなみにレンタルだと費用は月々14,400円のよう…。


購入にて10年使えたとすると……ベッドの購入価格からひと月あたりにかかるコストを割り出すと大体3,500円…??

営業の方は、「長く使うとわかっているなら断然購入が得」とお話くださいましたが、在宅生活がどんなのか想像もできなかった状態なら、とりあえずひと月借りるってのも手だったよね、とも今になって思っています。





あとフランスベッドさんのカタログなどを色々とみると、ベッド柵もあるのですが…

ベッド柵の広告部分1218 - コピー

↑いろんな種類があって価格もマチマチなよう…。



高値なのと、結局娘はチューブ抜去防止のため抑制するため、それ以上の転落防止措置をとる需要を感じず、こちらは購入していません。

(でもベッド柵はネットで中古品などが安く出品されているのもあるように思えて、どうしても欲しくなったらそっちで探すのも手かな、と思いました。)








この超低床タイプのベッド、介護ベッドのカテゴリの中でもどちらかというと高めの商品ではありました…。


これよりもさらに価格帯が高いものになると、音声ガイドがつくものや、ベッド幅がよりワイドでリクライニングをサイドからサポートするもの……等があるようですが、明らかに高齢者向きという印象。


逆に、価格帯がやや低めのものは、高さ調節は一切できないけれど、背上げ機能のみがあるもので、大体14万円くらいのようでした。


地域によっては、学童年齢になり且つ医師の意見書がもらえると、16万円ほどベッドの補助がでることもあるみたいですが、100%補助でカバーされるのがこのあたりなのかな??と感じました。







10年しか使えないなら、もっと娘の体重が重くなってからとか、それこそ学童期以降に購入検討すればよかったんじゃないかな…。(そして体重がまた一向に増えてくれないのよ。)




そんな気持ちもありつつ、やっぱり便利は便利。夜、娘のことが看やすかったり、朝の移動がスムーズに出来たり…。

たくさん助けられてもいます。


10年といわず、もっともっと長ーいこと使えないかな~と…大事にしていきたいと思います。




にほんブログ村
↑ブログ村さんの障害児育児カテゴリに参加しています☆

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

介護ベッドの購入

べっお良かったね

ちー姉さんへ☆

ありがとうございます☆大事に使おうと思います。
プロフィール

マカロニ

Author:マカロニ
原因不明の脳性麻痺の娘・あおいについて綴るブログです。喉頭気管分離オペ・胃ろうオペを受けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
愛読しているブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR