FC2ブログ
2018-05-16(Wed)

指しゃぶり→身体を掻くようになってきました

年明けから娘のあおいが、異常な指しゃぶりにはまってしまっている…という記事(前回)を書いたのですが、色々対策を講じた結果!?5ヶ月経った現在、行動がほぼ消滅してきました。

指しゃぶりの抑制0516 - コピー

↑所々で抑制具も使いながらの毎日でしたが、今月になって外せるように…(3歳9ヶ月)



指しゃぶりは小さい子にありがちな行動ですし、抑えてなくせるくらいならそれで良かった…と思っていたのですが、今度は3月ごろから〝身体を搔く〟行為が、入れ替わるように目立ってきました。


腕をかく0516 - コピー

↑最近少しマシになってきたものの、引っ掻き傷みたいなのもチラホラ…目を離すと落ち着かなさげに腕をずっと掻いちゃう…みたいな。





〝身体を搔く〟というのもいわゆる自己刺激行動の中でよくみられるもののようですが、最初医師の先生に相談したときには、「花粉の時期でもあるので、アレルギーかもしれない。皮膚にも症状がでることがある。」とのこと。



でも抗ヒスタミン薬を内服したりしてみても、あんまり変わらないかな〜という印象でした。


半袖になると掻くのが止まらなくなったり…洋服の長袖をめくると嫌がって袖を下げようとしたり……なんか独特の感覚!?落ち着かないフィーリング!?みたいなものが出てきたのかな〜という感じもしています。



身体を搔くのにも、ホントにただ痒いだけというのもあって(敏感肌とか乾燥肌とかアレルギーとか)、掻いてるうちにその刺激が〝快〟になってしまって、その行動のループから抜け出せなくなるのかしらね〜。


軟膏と爪やすり0516 - コピー

↑レスタミン(かゆみ止め)とヒルロイド(保湿)が混ざったクリームを塗ったり、酷い時にはステロイドを塗ったり……訪問看護さんが爪やすりを持ってきて下さったり…”負のループ”に入らないようにまず皮膚を清潔にしたいですね…。





先日STの先生に相談する機会もあって、こういった行動の制御について改めて伺ってみたのですが、基本、


●行動が害のあるものであれば、まずその行動を遮断する(やめさせる)

●行動に対し一切リアクションはせず、スルーする

●他の活動に目を向けさせる


この3つで間違いないと。



行動に対しリアクションしない…というのは、「そんなことしたらダメ!」と駆け寄って声をかけたり、怒る仕草をみせて少し叩くなどすると、その「反応してもらえる」ことがその子の中で余計に快になってしまって、却って行動を助長しかねないから…らしい。


でも、ダメって思わず言いそうになってしまうときあるなあ。





他の活動への誘いかけ!?としては、「粘土遊び」にチャレンジもしてみた…!

お米のねんど0516 - コピー

↑粘土を触る刺激が、皮膚を引っ掻く刺激の代替行為になるとか、なんとか??←ホンマでっか??うちの子は粘土ケースの方に夢中になっちゃったりして思惑通りにはいきませんでしたなあ。






また自閉療育の本などをチラホラみてると、”行動の起こった時間、その前後の状況をメモして記録をとり、行動パターンを分析しましょう”…みたいなことが書いてあったりしたけど、コレには思わずそんな余裕どこにあんねん!とツッこんでしまいました。


行動を抑制するのにまず精一杯なのよ〜。あとこの前の指しゃぶりについては止めない限り延々と続いてて回数の記録もヘッタクレもなかったわよ〜なんて。





ただようやく落ち着いてきた最近になって少しずつ省みてみると、娘がこういうちょっと困った行動(指しゃぶり・身体掻き・空気をゴクゴク飲むなど)に走ることが多いな~と思うときは、


移動してるとき、慣れない場所に出かけてるとき、座ってたけどこちらの都合で寝転ばせて医ケアを施すとき、来客がきて待ってなきゃいけないようなとき、衣服を脱ぐとき


…などなど、多分本人が緊張したり、不安だったり、自分はもっと他のことを望んでるのにそれが拾ってもらえなくてイライラするときがやっぱり多いのかなあ、と。





でも嫌がる行動でもせざるを得ないのもあるし、引きこもったりするのは、本人にとっても1番のマイナス…。


お出かけはたくさんして環境が変わることに慣れてもらったり、どこかで待つことや折り合いをつけることをわかってもらったり、あとどんな形でも伝える力をゆっくりでもいいから育めないかな〜なんて思っています。





今までこういう「なにか行動をやめさせなきゃいけない療育」とは縁がなかった私…加えて子供が娘1人なのでいわゆる”普通の育児”や”乳幼児の行動”についても分からないことが多く、色々ストレスに感じてしまいました。。


訪問でお世話になってる方たちが色々アドバイスをくださって、「いきなり100がゼロにはならないけど、まず100を90にして、ちょっとずつ減らしていきましょう」と言葉をかけてくれたのは本当に有難かったです。



これからも娘には成長とともに色んな行動がでてくるかもしれないと思っているので、不安だと思ったことはその都度まわりの人にきいてゆっくり対処していきたいな、と思いました。


にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

指しゃぶり→身体を掻くようになってきました

良かったね

ちー姉さんへ☆

ありがとうございます☆ゆっくりと娘のこと見守っていきたいと思います!

初めてまして

いつも、読ませていただいです。実は来月出産をひかえてますが27週に切迫で入院から大学病院へnstの波形が良くないと
MRI検査には何も映らず。。ですが子宮内痙攣してるようで、体も拘縮が見られ、妊娠中途中で、脳幹にダメージ低酸素状態だったのではないかと言われています
あおいちゃんと、すこし、似ているのかな?と思い読ませてもらっています

初めて2

産まれても、生きられない
延命するかしないか?といわれています
羊水過多ぎみなんです

なんとか生きて産まれて欲しいとおもいます

ちーさんへ☆

コメントありがとうございます。
読ませていただいて、少し似ている部分があるかもと思いました。
私も途中切迫早産となり、あとから振り返ると、胎動が少なく、体が胎内で既に硬かったのかな?という経過でした。ただ私の場合、結局出産前に障害などを指摘されず、そのまま地域の産院で出産になりました。

もし生まれる前に障害の可能性などが分かっていたらどうだったのかな…とあとから思うこともあり、知らずにいてある意味気楽でいれた部分もあったなあ、と思うのですが、でも、NICUのある総合病院にみてもらえばよかった、分娩は万全な状態じゃなかった…という後悔もあります。

ちーさんは今大変な状況かと思いますが、前もって医療のサポートを受けられる態勢にあることはお子さんにとって大きなアドバンテージのように思います。

(続きます)

ちーさんへ☆

他の医師の先生の情報だったり、またブログを通じて連絡をくださった方がいたり…症例が娘と似ているかも、というお子さんのお話を少しだけきけたことがありましたが、皆さん診断は確定的でなく、症状も異なるように感じました。考えても、考えても分からない世界で何も責められない、と最近になって改めて感じています。

ちーさんは今は病院に管理入院などされている状態でしょうか?
心休まらず不安がたくさんかと思います。決して同じ状況でなかったので気軽にいえないのですが、お時間にゆとりがあれば好きな音楽をきいたり楽しいテレビなどをみて、心穏やかに過ごされますように。お子さんが無事に生まれて、たくさんのサポートを受けられることができるよう祈っています。
プロフィール

マカロニ

Author:マカロニ
原因不明の脳性麻痺の娘・あおいについて綴るブログです。喉頭気管分離オペ・胃ろうオペを受けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
愛読しているブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR