2017-04-25(Tue)

胃ろうオペの後の安静期間→最初のボタン交換へ

少し間が空いてしまいましたが、また胃ろうに関する記事です。

オペ前後、トータル24日間入院し、その後、10日ほど、自宅にて安静となりました。

・うつ伏せ禁止
・前かがみの座位禁止
・足を高くあげたりして腹圧をかけないこと
・胃ろうチューブを絶対に引っ張られないこと


…といつも以上に目が離せなくなりました。

普段からEDチューブを管理しているため、動きを抑制することには慣れていましたが、目を離す際は、こんな感じで固定していました。


胃ろうオペ後固定2歳7か月
↑部屋がごちゃごちゃしてますが、肘関節を曲げられなくする“スプリント”をつけ、両脇に重しを置いて寝返り防止しています。

胃ろうオペ後固定2歳7か月2

↑就寝時の場面ですが、重しの中身は、10キロ・5キロのお米…。
以前、このむき出しのまま使っていましたが、あおいのキックで袋が破れて米粒がこぼれ出たことがあり、一旦ガムテープで補強、その後、急きょ袋を縫って入れました。




自宅安静の10日間は、病院から帰ってきた疲れもでてきて、家事もほとんどせず、ご飯もパパに買ってきてもらったりして、とにかく極力娘のすぐ傍にいました。


一番大変だったのはお風呂…。
訪問看護さんが来てくれる日は、人手があり安心でしたが、一人で入れるときは、“お腹から飛び出たチューブをいつ抜かれるともわからない”と爆弾処理班のような緊張感…。


胃ろうオペ後のお風呂2歳7か月

↑以前、お義母さんに作ってもらって使い古してしまった“スプリント”を、ひとつお風呂用に卸させてもらい、入浴中もつけることにし、あがったあとで乾かしていました。


この期間、ひとりのときは無理していれず、身体拭きでもよかったかも…。とあとになってから反省もしました。



************


そして、そんなこんなで、ようやく交換の、外科外来の日になりました。

はじめに…
「まず、造影検査をして漏れがないか、みます。そのときにボタン型に交換します。」とのこと、処置室に連れていかれました。

外で待つこと、20分ほど…。泣いた顔のあおいが戻ってきました。


胃ろうボタン部分あおいオペ後

↑こちらがボタン型の胃ろう。とびでたチューブがなくなって、スッキリした印象です。
(写真は交換後1ヶ月のときの腹部。)




その次に、看護師さんの処置室で、“ボタン型胃ろうのケアについて”教わることになりました。

A4用紙4枚くらいの胃ろうに関するマニュアルがいただけました。

このとき教わったのは、まず、固定水の交換。

ヴィクティバルーン胃ろう商品画像

↑あおいの付けているタイプの胃ろうは、胃ろうのバルーン部分に、水(固定水)を入れて膨らませることで、ろう孔から胃ろうが抜けるのを防ぎます。(写真、メーカー様からお借りしました。)

病院から、「あおいの場合、固定水は2ml。1週間に1回交換すること。」とご指示がありました。


胃ろう固定水交換1

↑胃ろうボタンの横部分(バルーンボタン)から水の出し入れができるので、ここにシリンジをセットして、古い水を出し、そのあと新しい水を入れます。



その次に教わったのは、胃ろうへの注入方法。

病院から、“胃ろうボタンに接続するフィーディングチューブ”のセットを1ついただきました。


胃ろうチューブ2種類

↑病院のマニュアル画像を一部お借りしました。こんな感じのセットです。
チューブは、L字型とストレート型の2タイプ入っていて、うちでは、L字型を注入時、ストレート型を胃残チェック時…などと両方使っています。


胃ろう注入チューブセット1

↑チューブの先端をボタン部分のへこみに合わせて、クルッと少しまわしてロック。
簡単そうなのに、私、これが意外と最初、上手くできませんでした。


胃ろうシリンジ注入

↑あおいの場合、胃ろうはお試し注入を少しずつなので、直接シリンジで注入して、流し水を入れるだけ。胃ろうから全注入する人はポンプとつなげたりするのでしょうか。




この看護師さんとの講習、てっきり、「娘の胃ろうに実際注入したり、2時間位かかるのかな?」と勝手に思っていたのですが、紙資料をみながら、20分ほど説明を受けるだけで、想像していたよりも簡素なものでした。



そして、このあと、外科の先生の診察(説明)へ。



************

まず、あらためて一緒に胃ろう部分を確認。


最初のボタン交換後の胃ろう

↑肉芽がしっかりできていましたが、先生から、「交換後、徐々に落ち着いてきます。リンデロンを塗っておいてください。」とのこと。確かにこのときは痛々しい感じでしたが、次第に赤みもひいていきました。


このときに、いくつか先生に質問。↓↓



●ボタン部分の固定についてですが、ガーゼを挟むだけでよいのか、なにもなしがよいのか、それともスポンジなどもっとシッカリしたものを入れるべきか…なにがいいのでしょうか。

→ガーゼだけでよいと思う。今は分泌物が漏れてガーゼにつくかもしれないが、傷口がより落ち着いてくれば、ガーゼも不要。なにもなしでよい。



●オペ後の運動についてですが、うつ伏せは今からしてよいのでしょうか。また日頃、リハビリのため自宅でバランスボールを使ってその上で寝返りしています。これも継続してよいでしょうか。

→うつ伏せは大丈夫ですが、バランスボールは、局所的に刺激が加わり、ろう孔が広がる可能性があるので、うつ伏せ姿勢でやるのはよくないと思われる。どうしてもしたいなら、接地面積をぴったりガードしてください。


●胃ろう漏れが起きる可能性はありますか?

→起きる可能性はあります。
胃ろうのろう孔(穴)部分は、身体が大きくなっても、基本穴部分の大きさは変わらないままなのですが、それでも漏れるときはもれます。漏れた場合、胃ろうのサイズ(今のものが14Fr)をもうワンサイズ大きくするような対処もあります。


●入浴中(お湯に浸かった時)に、胃ろう部分から水が胃に入ってしまうとか、入浴後は必ず胃残を確認した方がいいとかありますでしょうか。

→目に染みる程度で胃にお湯が入ることはあり得ますが、水に浸かることで、多量の水が胃に入ることはありません。むしろ、少し外にでてしまう、ということの方がありえます。


********

こんな感じでお話を伺いつつ、あとは抜けた場合の対応【バルーンが破損してようがしてまいが、とにかく洗って入れなおして、穴が塞がることを避けること】…などについて説明を受けました。

そして、これにて、長かった、最初の胃ろう交換までの日々が終わりました。


しかし…。
これだけ先生にお話を伺っておきながら、1週間後に盛大な胃ろう漏れが起きて、ERに駆け込むことになりました…。

胃ろうのケア、まだまだ勉強中なのですが、今度、胃ろう漏れのときのこと…についても書きたいと思います。



にほんブログ村
↑にほんブログ村に参加しています。クリックしていただけると励みになります。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

マカロニ

Author:マカロニ
原因不明の脳性麻痺の娘・あおいについて綴るブログです。喉頭気管分離オペ・胃ろうオペを受けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
愛読しているブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR