2017-05-09(Tue)

娘のリハビリについて

リハビリについて、これから時々書いていきたいと思っています。


これまで受ける機会があったリハビリには、色々と種類がありました。



●運動機能回復を主とし、粗大運動(全身を使った動き)を引き出す、理学療法(PT)

●応用動作、生活に必要な手の動作などを引き出す、作業療法(OT)

●摂食や嚥下障害に関してのリハビリ、また言語障害に対してコミュニケーションを引き出すなどの役割を持った言語療法(ST)

●コミュニケーション、知能、社会性の発達を観察し、より発達を促すようアドバイスいただける心理指導(心理)




はじめは、PT・OTなど、療法士さんにそれぞれ役割があることも知らず、娘に関する気になったことをなんでも相談する、という感じでしたが、それでも皆さん、親身になって応じて下ることが多かったです。


娘は、

NICU~専門病院への長期入院期間に、大体、週2回PTを受けていました。
また、分離オペ後~退院期間までには、8回ほど、STのアドバイスを受ける機会も…。

在宅に入ってからは、訪問リハビリの先生(この先生はOTの先生なのですが)から、週1回~2回、運動・手の機能・コミュニケーション・嚥下訓練など、幅広い分野で、リハビリを受けています。

また昨年の秋(2歳3か月)からは、療育病院で、約月1回、PTと心理指導も受けています




このブログでは、主に、在宅生活が開始になったときから、今まで、行っているリハビリや遊び、発達を意識しながら日常生活に取り入れていること……などについて、書いていければと思っています。



ついつい、リハビリ!訓練!と息巻いてしまったり、ふとした瞬間に他のお子さんと自分の子供を比べてしまったり、体調のアップダウンで出来ていたことが出来なくなったりして一喜一憂したり……


やる気が空回りすることもある私ですが、記事を書くことで、冷静に見つめなおせる部分もあるかもしれない…と少しばかり期待を込めております。



掲載する画像写真は、「先生とのリハビリ」の風景でなく、「先生に教えてもらったリハビリを私がしている場面」が中心になるかと思います。
(リハビリ中、先生と一緒に娘をみたり、教えてもらうのにいっぱいいっぱいで、なかなか器用に写真がとれないので…)


時系列がバラバラ、ただ単に娘と遊んでいるだけの風景になってしまうかもしれませんが、
リハビリ(運動・遊び・玩具)のカテゴリで、運動や手の機能の発達促進、日頃の遊びや、遊んでいる玩具や絵本などについてを、
リハビリ(ST・心理)のカテゴリで、嚥下訓練や、心理発達についてを、

書いていきたいと思っています。



にほんブログ村
↑記事を読んでくださってありがとうございます☆にほんブログ村障害児育児ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

マカロニ

Author:マカロニ
原因不明の脳性麻痺の娘・あおいについて綴るブログです。喉頭気管分離オペ・胃ろうオペを受けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
愛読しているブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR