FC2ブログ
2017-08-22(Tue)

まさかの…RSウイルス感染と気管内に起こったトラブル

先週から、「娘が少し風邪気味かもしれない」…などと思っていたのですが、RSウイルスに感染していることが先週の半ばになって分かりました。


在宅医の先生が取り計らって下さったおかげで、比較的早く落ち着き、入院せず、自宅で過ごすことができたのですが…。


RSウイルス……
あおいの場合、過去にも1度、罹ったことがあるのですが、そのときは、今より体力もなく、40度近い高熱になって、小児科に入院していました。


また罹ることもあるかもしれないので、今回、3歳(体重9.5kg)のときに罹った記録として、色々書いておきたいと思います。


******


【RSウイルスって…?】

初めてあおいがRSウイルスに罹ったときは、NICUを出た生後4か月の頃だったのですが、「RSってなに?普通の風邪じゃないの?」とまず疑問に思ったのを覚えています。

お医者さんから“RSはこういうモノ”と、詳しい説明を受けたわけではないのですが、RSに対しての自分の認識はこんな感じです…。


●RSウイルスは風邪の1種だけど、その中でも呼吸器にくる感染症

●潜伏期間が長い?

●乳幼児は重症化の怖れがあるらしいけど、呼吸器にくる風邪なので、うちの子みたいに気管部分を切開している子もかなり注意しなければならない





【今回の症状】

RSウイルスは、そこらじゅうにあって、“いつどこでもらって来たか?”が特定しにくいらしく、今回も感染した日や場所をハッキリ断言はできないのですが、なんとなーく、検査入院や外来に行った週のあのへんかな…というのが母の中にあります(笑)。

もし、そこを感染1日目とすると、今回の経過はこんな感じでした。


【感染1日目~4日目】
・普通に元気。

【感染5日目~7日目】
・心拍がいつもより高い。(+10~15)熱は+0.4度くらい。

【感染8日目】
・気管内の痰が増え硬くなる。たまに黄色っぽいのが出る。
・夜中、いきなり喘鳴が増え、痰が硬くひきずらい。脈拍が+30~40になって熱が38度に。
・色々あってERに行く。
・在宅の先生が訪問診療してくれてRSウイルス検査を自宅でしてくれる。結果クロということに。

【感染9日目】
・夜中に熱のピーク(39度)がきたが、明け方には治まる。
・日中は熱が37度台になる。
・気管内の吸引は多いが、喘鳴が減ってくる。

【感染11日目】
・ほぼ完治
・気管内の吸引だけまだ少し多め



…というような感じで、普通の風邪と比べると、熱のピークが後ろの方に来たように思えました。




【今回行われた治療】

RSウイルスが流行るのは秋から冬だと思っていたのですが、在宅の先生が「今年は流行りがすごく早いので、検査しましょう。」と仰ってくださったおかげで、発見につながりました…!


その上で、

①RSウイルスは抗生物質がきかないそうですが、他の細菌に気管が感染しているリスクを考慮して、1日2回、抗生剤を服用する。

②ネブライザーを使って吸入薬を入れ、気管内の炎症を抑えるとともに、硬まった痰をひくようにする。


吸入液3種0821 - コピー

↑薬局屋さんからいただいている吸入液3種類。
生理食塩水(左上)は、痰が硬かったり乾燥した時期に使う用に。
パルミコート(左下)は、喘息防止のステロイドで、吸引が多い時期にもらっていました。
メプチン(右)が、今回初めて処方いただいたもの。喘息が起こった時に気管を広げて呼吸を楽にしてくれるそうです。


③発熱する分、熱で水分がとられるので、通常の経管栄養の注入時間外にも、ソリタ水を水分として補給。


…という感じで経過をみることになり、比較的早くに落ち着いてくれました。



“RSウイルスは1回罹って抗体ができるわけではなく、何回でも罹るモノ”らしいのですが、大きくなるに連れ、その症状は軽くなる…ともおききしました。


けれど、娘の場合、分離オペ(気切部分の切開)をしているので、今後もかかるリスクは大きいでしょうし、かかった時も重々気を付けなければならないのだろうな、思っています…。





【気管内に起こってしまったトラブル】

今回、実は、感染8日目の夜(というか早朝)に、「酸素濃度が下がって119コールをしてしまう」という一幕がありました。

いきなりポンと熱が出て、脈が上がる…これもビックリしてしまいますが、さらに硬くなった痰が引きづらくなり、喘鳴とともに、本人がかなり苦しそうに……


酸素濃度が90位になる状態が5分近く続いたかと思われたので、慌てて私がコールしてしまいました。
(119番には去年も一度、大きな発作が起こった時にお世話になっています。慌てていると迷う意識すらとんでいました…。)


通報と同時に、カニューレ(気管部分につけている呼吸するための管)を抜き取ると、大きな痰の塊が目視できたので、それを吸引機についているジョイント部分で吸い取り、その直後、緊急用に用意していたカニューレに付け替えると、呼吸が一気に落ち着きました。





非常用のカニューレと比較0820 - コピー

↑使用済みのものを洗って撮影したのですが…
普段使っているカニューレ(下)が4.0というサイズで、緊急用としていただいていた(上)のが、3.5と一回り小さいサイズ。

緊急用が普段のものより小さいのは、「いざというとき付けやすいため」「気管が収縮していても入れやすいように」らしいです…。





そして、この流れでERに行ったのですが…

ERの先生や在宅の先生に、この「痰が硬いときにカニューレを付け替える」という対応がよいのか悪いのか…伺ってみました。



先生方曰く、
カニューレを付け替える対応はよいが、基本カニューレを付け替えている途中に吸引するのはダメ。(気管の穴が塞がると一番危険だから。)付け替えてから吸引し、ERに来るといい。

とのことでした。

ただ今回のように、明らかに気道を塞ぐような大きな痰が目視できたときは、入り口部分のみなら(短時間で)吸ってもよい…というニュアンスもありました。



********

1歳6か月のときに、分離オペをしてから、あおいにはこれまで一度も、気管内の大きなトラブルとは無縁でした。(体調不良の多くは圧倒的に消化がらみ…。)


今年になってから、これまでよりも外出できるチャンスが増え、その分、感染症にかかるリスクも増えてきたのかもしれません。


今回は、在宅の先生のおかげでRS感染に気付き、薬剤師さんがすぐに対応して下さり……そのおかげで早めに回復できました。


なにか起こると、自分の管理を色々と反省もしてしまいますが、予防できると気付いたことは予防しつつ、その都度、起こることに対処していくしかないのかなあ…と思っています。



にほんブログ村
↑記事を読んでくださってありがとうございます☆にほんブログ村の障害児育児ランキングに参加しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

マカロニ

Author:マカロニ
原因不明の脳性麻痺の娘・あおいについて綴るブログです。喉頭気管分離オペ・胃ろうオペを受けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
愛読しているブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR