--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-09-15(Fri)

特別支援学校を見学

娘の生活リズムが変わったり、出かけることが重なったりして、私の方がバテ気味になり、すっかり更新を休んでしまっていました…。


そして、そんな中なのですが、先日、娘がデイに行っている間に、都内にある特別支援学校の見学に参加することができました。



娘のあおいは今3歳2カ月。

そもそも今通園すらできていないし、就学など遥かかなたの事のようにも思えるのですが(笑)、



「早くから支援校がどんな雰囲気かみておくといい。」
「校舎とか、トイレがどうなっているかとか、クラスの人数がどの位とか、みておくといい。」



というようなアドバイスを下さったお母さんもいて、前々から、見に行きたいとは思っていたのです。




障害のある子どもの就学の選択肢について……

まだ行政に相談する機会もなく、分からないことだらけなのですが、なんとなーく持っているイメージはこんな感じ??


障害教育選択肢の勝手なイメージ



娘のあおいのように、身体の障害のみならず、知的発達にも大きな遅れがあるような、重度心身障害児の場合、③の支援校の中でも医療ケアのサポートが受けやすい肢体不自由の部門のある学校に行く人が多いのではないかということ……また本人の状態が移動困難であったり、サポートを十分に得られない場合には、訪問教育を受けるケースもあるのではないかということ……



が、私が抱いている大まかな印象です。




また支援校については、これまた何となーくですが、

●1人あたりの教員の方の人数が多いから、その分手厚くみてもらえるのではないか

●子供のペースでできることを少しずつ広げられるのではないか





……というようなイメージがあり、就学前までに、近隣の地域にある支援校の情報を中心に、少しずつ集めていけるといいのかな、思っていました。





しかし…!

今回見学に行ってきたのは、地域から遠く離れた、支援校の中でも少し特殊な立ち位置にあるかもしれない学校でした。




部門としては、肢体不自由児のための学校なのですが、その中でもかなり知的な発達がよいお子さんが通われるらしく、入学希望者が多いけれど、かなりハードルの高い審査?(受験?)を、通らなければならない?というようなお話をきいたことがありました。



●正直、娘のあおいの障害の度合いを考えたら、とても入学を検討できるようなところではない。(障害が重くても、娘にはたくさん可能性があると思ってはいるけれど、こういう審査は別モノ。)

●そして、そもそも遠くて通えない。




……のですが、この学校、年間を通して学校開放日が多いのが何とも有難い。


そして、こちらの学校が肢体不自由児の学校としてそれだけ有名なのであれば、ゆくゆく娘の就学を考えることになったときに何かしら参考になるものもあるかもしれないと、興味があって見学希望してみることにしたのです。



(受付の際、電話で自分の娘の状態……心身共に障害は重め……だと少し話してみたものの、見学に関しては自由だと言ってくださった。)






見学会に行くと、まず学校についての簡単な説明がありました。


小学部は1学年の定員7~8人と少数なこと、色々な障害のお子さんがいるが脳性まひのお子さんが割合としては多いこと、国語などの一般教科の他に自立活動という授業があること、などをお伺いしました。


また入学にあたっては、小学部から選考試験があるそうで、心理検査、身体検査、面接、集団活動をみる。

そして(中学部と高等部もあるそうなのですが)その高等部進学の人の中にはさらに大学進学される人もいる……


などのお話も…。




また学校案内の冊子には、年間通しての各教科の授業数などが書いてありましたが、これが普通の学校、他の支援校と比べてどうなのか、サッパリわからない(笑)



うーん、なんか勉強不足なまま場違いなところに突撃しちゃったかしら、などと思いつつも途中お話を伺っていたのですが、次には、実際に授業をみさせていただくことに。


そして授業はどれも、見させていただいて、とても楽しいものでした。







見学させていただいたのは、算数、理科、自立活動、図工、体育の授業や、休み時間の様子など。



正直、授業の内容はとてもレベルが高く、(普通校よりゆっくりペースなのか?で色々道具などを使っていても、しっかりとした教科の授業でした)それには驚いてしまったのですが、お子さんたちがみんな生き生きしていたのと、先生たちもすごく熱心そうで、いいな、と思いながらみていました。



普通の学校と変わらない雰囲気を感じつつも、とにかく少人数で、教室に5、6人しかいない。

自立活動の授業に至ってはほとんどマンツーマン。



先生と生徒さんたちの距離がすごく近く、1人1人への指導が丁寧なこと……

このへんが支援校のメリットでもあるし、普通校と大きく異なってくるところなのかな、と思ってみていました。



また校舎の雰囲気や(壁の至るところに生徒さんたちの制作物が張ってあり、とても楽しそうでした)、お手洗いもみせてもらえました。

お手洗いの場所に、サポートを担当されている職員さんがおられたのも印象的でした。

一見したところ、自力で移動される車椅子のお子さんが多いようにみえましたが、生徒さんたちが休み時間に移動される動線もすごくスムーズで感心しながら見てしまったのです。





そして見学が終わった最後に、個別に質問も受け付けて下さったので、現実的に入学を検討できるとはいえない身ながら、私もいくつか訊いてしまいました。

この前、TBSのニュースでも特集されていた、子供の医療的ケアについてはどうなっているか、知りたかったのもあったので……。



教室には医療的ケアを行ってくださる職員さんが1人ついている
(確かに教室には2人大人がいた?ように思います。)

●入学開始と同時にケアを委託できるわけではなく、引き継げるまで親御さんが最初しばらくは付く


というようなお話を伺いました。



また見学の最中、実際にケアをされているような場面がみられなかったので、気切や呼吸器のお子さん、胃ろうや経管栄養のお子さんがいるか伺ったところ、


「気切や呼吸器のお子さんはいるが、今のところ注入のお子さんはいなくて、みなさん給食で対応されている」


とのことでした。

(ただ決して注入のお子さんの入学を受け付けていないわけではなく、そのあたりも含めて入学時の相談になる…ということのようでしたが。)





今回支援校を見学するのは初めてでしたし、こちらでみさせてもらった様子は娘の将来のビジョンと必ずしも一致するものではなかったかもしれません。


けれど、学校という雰囲気を久々に体感し、生き生きした生徒さんたちの姿をみて、学校生活や集団生活は、どんな子供にとってもすごく重要なのではないかと改めて思いました。


それと同時に、

他の支援校はどんな感じなのだろう、娘のように障害の度合いが大きい子の場合、どんなカリキュラムで何を主体としていくのだろう、どういう選択肢が娘にとっていいのだろう、そしてやはり医療ケアは(親も含めて)学校生活にどう関わってくるのだろう


……と、改めて色々と疑問が湧き出てくるようになりました。(ホントに分からないことがいっぱいです…)



そもそも現在が移動について課題を感じている生活……でもだからこそ、少しずつ情報を集めて、娘の将来の道筋を明らかにしていきたいという思いが一層強まったように思います。



支援校の開放日は、なかなか日程や娘の体調が合わないこともありますが、今度は近くの地域の学校の見学に、娘も連れて一緒に行けるといいな、と思っています。






にほんブログ村
↑にほんブログ村の障害児育児カテゴリのランキングに参加しています☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

特別支援学校を見学

特別支援学校見学良かったね

ちー姉さんへ☆

ありがとうございます☆
少しずつ先々の情報集めていきたいと思います。
プロフィール

マカロニ

Author:マカロニ
原因不明の脳性麻痺の娘・あおいについて綴るブログです。喉頭気管分離オペ・胃ろうオペを受けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
愛読しているブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。