FC2ブログ
2017-09-29(Fri)

地域の子ども達との触れ合い求めて

娘の胃ろうケアが落ち着きだした今年の夏から、市が提供している乳幼児の集まりの場や、児童館などに、娘を連れて出掛けるようになりました。


現在、娘のあおいは週1回児童発達支援のデイに通ったり、リハビリに通ったりしているものの、子ども達とのかかわりが圧倒的に少ないと感じる今日この頃……。


加えて、兄弟がいない1人っ子であること。母の私が専業主婦であること。


どちらも自分の子どもと向き合う時間が多くあるという点では大変に贅沢なのですが、どうしても家で2人っきりでいる時間が多いと、閉塞感を感じてしまうこともありました。





そんなわけで…
とりあえず、安易に参加できそうな、近くの子どもの集まる場所に積極的に顔を出せないかなあ、などと思い始めたのです。




出掛けるにあたっては、事前に、娘の状況を施設側にお伝えして、吸引という医療ケアが主に必要で、機械などを持ち込むこと等、色々お電話でお話をしました。



「そもそも子供たち全てに開かれている場なのだから、障害児だからって、気を遣って、そんな断りを入れる必要はない」という気持ちもありますが、事前に色々話しておいた方が、私自身がサポートを受けやすく楽かなあ、何かあった時のためにもいいかなあ、と思ったので…。




また集まりの場によっては、“参加年齢0歳~3歳”というところもあり、「今年7月で3歳になった娘は年齢的にオーバーなのかしら」…と参加を迷ったところもあったのですが、これには都の保健師さんも相談に乗ってくださり、保健師さん側からも、施設の方にお話をしてくださいました。


(3歳といっても、娘は未だに道を歩いていると、「何か月ですか?」ときかれるくらい、月齢に関しては、良くも悪くも、かなりサバが読めてしまうのですがね…。)







そんなこんなで、こういう集まりの場の雰囲気すら全く分からないまま、ドギマギしながら通い始めたのですが…


乳幼児の集まりの場も、児童館も、こういう場所は、やっぱり、赤ちゃんというか、1歳未満のお子さんが圧倒的に多い。(1~2歳過ぎるとみんな保育園に通いだしたりするものね。)



同年齢で行う集団保育的なものとは雰囲気はまるで違いますが、走り回ったり、ハイハイするお子さんや、大きな声で泣く赤ちゃんがたくさんいて、その空間にいるだけで娘にとっては大きな刺激であるように感じました。


またヒトよりもモノに対する興味が強い娘にとって、大勢の人数がいる場所を経験させられるだけでも、貴重です。



この年齢だと“一緒に共通のことをして遊ぶ”というのはなかなか無いようなのですが、それでも、娘に向かってきてくれるお子さんがいたり、同じオモチャを取り合いっこ?したりするような場面があったり……兄弟のいないあおいにとっては、なかなか普段経験できないようなことが沢山ありました。







そして、こういう場所に行くにあたって、私が密かに心配していたこと…

それは、


「娘が異質な存在としてジロジロみられて、母親の私がしんどくならないかな。」
「知り合いがいないところに出かけると、1人だけ孤立したりして、落ち込んだりするのかしら。」



なーんて…この期に及んで、自分のメンタルの方をあれこれ不安に思っておりました(笑)。




確かに、最初の数回は、ずずーんと言いようのない疲れがあったのは事実ですが、(吸引するのに周りの目を気にしてしまったり、あと1人だけ荷物が多くて中に入るまでがしんどかったり…)回を重ねるごとに少しずつ場離れしてきました。



娘をギョッとして見る方もおられなくはないですが、今のお母さんたちは優しい人たちが多いのか、「かわいそう」とか「怖い」などと言う方はおられず、普通に娘の年齢を訊いたり、話しかけてくれるお母さんもいて、暖かいなあと思いました。



またこういう集まりの場に私が勝手に抱いていたイメージ…児童館ではママ友のグループみたいなのが出来上がっていて、1人でいると浮くのでは?…というのは、実際のところ、そんな雰囲気でもないように感じました。

(私がオモチャ図書館が来ている時だったり、イベントのときを狙って参加しているのもあるかもしれませんが…)



知り合いどうしで集まられているお母さんたちも多そうな反面、走り回ったり、駄々をこねたりする自分のお子さんの世話にかかりきっている方も多く、優雅なママ友の集まりとは程遠く、みんな必死(笑)。案外、娘も私も、その中に紛れられて過ごせるものだなあ、と。





最近は、徒歩で移動できる場所にある、乳幼児の向けの集まりのスペースによく参加させてもらっているのですが、こちらでは、カウンセラーさんや助産師さんが、母の悩みをきいてくださる…というような日もあって、私自身、外に出て、娘のことを話せる場があることが、大きな気分転換になっています。



保育士さんもおられて、娘の成長や遊びについて、みてくださるのも嬉しい。集団保育的なことにも触れるチャンスを下さったりして、本当に、本当に、有難く感じています。






単発の集まりだと、継続して人間関係が築きにくいこと……障害児育児をしているお母さんとは直ぐに色々な共通の話題が出てくるのに対し、上手く話せず、打ち解けられない自分がいること……。



これは正直なところ、悩みに思う点ではあります。



でも、これは、“母の気持ち”に因る悩み…。



去年、自分のメンタルがどん底にあって、カウンセリングを受けていたとき、その先生が掛けてくださった言葉の中に、「何かに迷ったときは、感情と目的を整理してください。そうすると最初に掲げたであろう目的は、感情を必ず上回るはずです。」というものがありました。



娘の障害についてもっと知ってもらえるといいなあ、とか、健常児のお母さんたちとすぐに打ち解けて仲良くなれたらいいのになあ、というのは、私の感情の問題。


人生何事もそんなにカンタンに100点満点とれるようなもんでもない。特にこんなに不器用な自分ならなおさら。


「娘が子供達と触れ合う機会を増やす」という当初の目的が達せられていれば、それだけでも充分じゃない、と思うと気持ちが軽くなりました。





来年4月からは療育園へ娘の通園を開始できないかな、という思いがあって、今お世話になっている、3歳までという乳幼児の集まりの場には、それまでの間、もう少しお邪魔させてもらいたいな、と考えています。



娘の育児について……とにかく内へ、内へと向かっていることの多かった私のエネルギー(笑)……地道に娘と療育に取り組む時間も大事にしたいと思っていますが、外へも目を向けつつ、母親の私自身も、少しずつ、“触れ合い”を超えた、地域との“かかわり”を色々模索していけるといいな…と思っています。




にほんブログ村

↑にほんブログ村の障害児育児カテゴリに参加しています☆


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

ちー姉さんへ☆

ありがとうございます☆
プロフィール

マカロニ

Author:マカロニ
原因不明の脳性麻痺の娘・あおいについて綴るブログです。喉頭気管分離オペ・胃ろうオペを受けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
愛読しているブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR