2017-10-23(Mon)

バンダナ風スタイと手作り人工鼻

悪天候が続く中、先週半ばあたりから娘の体調もややダウン気味で、基本自宅で大事に過ごしていたのですが、この機に前からつくりたいと思っていたものをちょこちょこと作ってみることに…。



1つはバンダナ風のスタイ。



重度の嚥下障害を持つ娘のあおいは本当にヨダレが多く、今でもひどいときだと1日10枚くらい前掛け(スタイ)を使っています。



このスタイについて、密かに最近悩んでいたことは、「さすがに3歳になると前掛けから漂う赤ちゃんオーラをどうにかしたいかも…」「これからの感染症流行の季節に向けて気管部分を上手く保護できないかな…」



……ということで、裁縫が大の苦手なのですが、気切をされているお子さんがよく付けられているというバンダナの形状のタイプの前掛けを作ってみることに。




まず、とりあえず、5枚くらい作ってみるか、と色んな布を用意。

布5種類 - コピー

↑お義母さんからもらった余り布や、使っていなかった大判のハンカチ、ハロウィン用に売っていた布などを用意してみました。




作り方としては…そもそもバンダナ型のスタイがどんな形状なのか丁寧に調べないまま、雰囲気でつくってしまいましたが、とにかく“布を三角形に折って、それをくるっと留められればいいよね”という案に。

バンダナイメージ1023 - コピー

↑こんな感じ?




また娘のヨダレは超大量なので、布がすぐ染みて、下の洋服まで濡れることも多い…そこで、布の間に、100均で買ったビニールシートを挟んでみることにしました。


ランチョンマット1023 - コピー

↑洗濯したときにシートの色が落ちるとかないかしら…と思ったけど、大丈夫でした☆


バンダナの中にビニール1023 - コピー

↑三角形にカット。2枚重ねにするとゴワゴワしすぎたので、結局1枚に。




あとは布を内側に折り込んで縫うだけ。


布折り込み1023 - コピー

↑ビニールシートは一緒に縫い込んでも、縫い込まなくても、仕上がりに差を感じませんでした。




そして…私が作る前にサイズをきちんと娘の身体に合うように測らなかったからなのですが…

バンダナスタイ短く折り込み1023 - コピー

↑大判のハンカチだと、ちょっと縦の長さが長すぎました…。三角形を少し折って、ちょうど良さげな長さに調整。




最後は留める部分。

バンダナのマジックテープ部分 - コピー

↑スナップより、マジックテープの方が巻くのを調整しやすいかなあ、ということで、マジックテープを長めにカットして付けてみました。



完成するとこんな感じに☆

スタイ完成1023 - コピー



超不器用なので、縫い代とかきたないのですが(泣)普通の前掛けよりも、赤ちゃんオーラが消えるし、気管部分がガードされるのはいい感じかも~。


外出用として使うだけにするとしても、5枚ではとても足りないので、少しずつ量産するか、市販で売っているものも、今度チェックしてみたいと思いました。






あと感染症流行の季節へ向けて、併せて作ってみたいと思っていたのは、人工鼻。


人工鼻は、今、月に20個いただいているのですが、ヨダレでベトベトになることもあって、消耗が激しいときもあります。

そして1個あたりの価格が、600円以上と高額な医療物品。


以前読んだ看護系の雑誌の中に、“人工鼻の代用品”というものが紹介されていて、具体的な作り方は細かく書いていなかったのですが、完成品の画像が載っていたので、それを参考につくってみることに。


(雑誌には、“人工鼻のフィルターを抜き取ったあとに洗浄し、周囲をガーゼや紙マスクの生地で覆って使用する”とだけ記載されていました。)



まず用意するものは…

人工鼻 用意するもの1023 - コピー

↑市販のマスク、フィルターを抜いた使用済み人工鼻のプラ部分、輪ゴム2本、ハサミ。


マスクには色々種類があると思うのですが、ウチにあったものは、こんな感じで……

マスクガーゼ部分1023 - コピー

↑マスク内側の一番上の表面部分である、紙ガーゼ部分を上手く切り取ることができました。



このガーゼを人工鼻のサイドに被せて輪ゴムで留めていき、

人工鼻とガーゼ1023 - コピー


余った紙ガーゼ部分をカットします。

人工鼻サイド1023 - コピー

↑横から見るとこんな感じ。(紙ガーゼでも少し毛羽立ちがあるのが気になるかもですが…)


両方ガーゼで保護して、シールなどを貼ってみると、完成☆

人工鼻完成1023 - コピー

↑輪ゴムは可愛い色のを今度100均で探してみようかな。


外れないようガードするネットをつけるとこんな風になりました。

人工鼻着1023 - コピー




手作りの方の人工鼻でバイタルが悪くなるようなサインはなかったけれど、気管の保湿機能としては、やっぱり市販の人工鼻の方が上なのかしらね。


夏場や自宅にいるときなどに手作りの方を使いつつ、大事な場面で市販の方の人工鼻を大事に使っていけるといいかな、と思っています。



にほんブログ村
↑ブログ村さんの障害児育児のカテゴリに参加しています☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

マカロニ

Author:マカロニ
原因不明の脳性麻痺の娘・あおいについて綴るブログです。喉頭気管分離オペ・胃ろうオペを受けています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
愛読しているブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR